物流コンサルティングのお客様事例

お客様事例紹介
  1. アパレル物流のことなら大阪のトミーズTOP
  2. 物流コンサルティング
  3. お客様事例

物流コンサルティングのお客様事例をご紹介。改善内容やお客様インタビューを掲載しております。

物流コンサルティングをお願いしようとご検討中の方はこちらのページをご参考頂けますと幸いです。

お客様情報
ニューコンセプション様
ニューコンセプション様サイト
ご依頼内容 出荷遅延、出荷ミスなどの問題や配送作業効率化を図りたい。また、現状の倉庫がワンフロア120坪でスペースが無くなってきたことから引っ越しを決心したものの、引っ越し先の倉庫が5階建て250坪ということもあり、保管やピッキングに課題が予想されることから、予め効率化されたロケーション組みをお願いしたい。
提供サービス 物流コンサルティング、倉庫引っ越し、クラウドWMSビーロジ導入
ECサイト出店先 楽天市場、Yahooショッピング、
Qoo10、ポンパレ、SHOPLIST
受注管理ツール CROSSMALL(クロスモール)
商材 婦人衣料品、靴、鞄、
小物(アクセサリー、財布、スマホケースなど)
商品数 約1,300品番
出荷件数 約1,000件/日
約30,000件/月間
備考 オフィスの一角約120坪を倉庫として使用していたが、
在庫増に伴い新しい倉庫への引っ越しを決心した。
※左の写真は引っ越し先の倉庫になります。
コンサルティング内容

在庫保管状況の調査

在庫保管状況の調査

お客様はオフィスの一室を倉庫として使用されており、主にアルミラックを用いて商品を保管されておりました。残念ながら一部の商品については棚から溢れ落ちているものがあり、在庫管理として改善点を見出すことができました。

物流作業手順の調査

物流作業手順の調査

発送作業に関して、複数のスタッフ様で商品をピッキングされておりましたが、商品の保管場所がベテランのスタッフ様でないと判断できない状況でありました。新規スタッフ様でもすぐに商品を見つけられるようにするためにも物流システム導入の必要性を感じました。

引っ越し先倉庫の調査(測量)

引っ越し先倉庫の調査(測量)

今回のお客様は予め倉庫の引っ越しが決まっている中でのご相談であったため、引っ越し先の新しい倉庫も調査させて頂きました。5階建てのビル一棟を事務所兼倉庫として使用する目的であったため、フロアが分かれていながらも、「いかに効率的な物流現場を構築できるか」が課題となりました。引っ越し先の倉庫ではロケーション図面作成のために現場を測量しました。

引っ越し先倉庫の調査(内装)

引っ越し先倉庫の調査(内装)

今回引っ越しするビルの5階はオフィスに使用する予定でしたが、一部内装が未完成状態であったため、内装工事についてもご提案させて頂きました。

クラウドWMS「ビーロジ」導入のご提案

クラウドWMS「ビーロジ」導入のご提案

今回のお客様は現状、物流システムを導入されていなかったことから、物流改革の要でもあるWMS(倉庫管理システム)の導入として、弊社がサービス提供している「EC物流に特化したクラウドWMSビーロジ」をご提案致しました。

調査報告・見積もり提出・契約締結

調査報告・見積もり提出・契約締結

現状の物流課題の調査結果を報告するとともに、物流コスト削減目標など改善計画書の大枠を提出させて頂きました。お客様のご予算やスケジュールに合わせたサービス、お見積もりをオーダーメイドさせて頂きました。

スケジュール提出

スケジュール提出

第一回目の物流改革会議では今後のスケジュールを提出させて頂きました。クラウドWMS「ビーロジ」の導入や倉庫の引っ越し、課題改善など物流改革を進めていく中で必要となるのがまずはこのスケジュールです。こちらをもとにお客様と弊社での役割も明確化しました。

ロケーション図面提出

ロケーション図面提出

ご契約後は現状の課題を解決するため、より具体的な解決策をご提示させて頂きました。正確で高効率な在庫管理を実現するためにもロケーション管理は必須となります。弊社では物流コンサルタントが在籍していることから、専用の図面ソフトを用いて図面を作成しております。

トミーズ倉庫見学ご案内

トミーズ倉庫見学ご案内

第二回目の物流会議ではお客様に実際の物流作業についてイメージを掴んで頂くため、弊社トミーズコーポレーションの物流倉庫見学のため、ご来社頂きました。

マテハン導入のご提案

マテハン導入のご提案

より効率的な物流オペレーションを構築するためにも、必要不可欠なマテハンの導入を提案させて頂きました。パレットや巣箱といった商品の保管に関わるものや、ハンドリフトやカゴ車といった商品の移動に関わるものまで多種多様です。

在庫搬出

在庫搬出

現状の倉庫から在庫を引き上げるため、積み込み作業を実施しました。トラックについては弊社にてチャーター便を手配させて頂きました。

什器解体

什器解体

引っ越し先では使用しないアルミラック等の一部什器については弊社側で解体後、移動させて頂きました。

在庫搬入

在庫搬入

新しい倉庫に在庫と什器を搬入しました。予めお客様から頂戴した在庫データをもとに商品ABC分析を実施し、出荷頻度に応じて引っ越し先倉庫のフロア別に仕分けて荷造りしていたため、スムーズに搬入することができました。

巣箱設置

巣箱設置

引っ越し先の倉庫においてピッキング頻度の高いフロアには商品保管方法として巣箱を選択しました。予め作成したロケーション図面をもとに巣箱を設置し、商品に紐付いたロケーション情報をもとに、商品の投入についてはお客様自身で行って頂き、「SKU単位によるロケーション管理」の感覚を掴んで頂きました。

クラウドWMS「ビーロジ」説明会

クラウドWMS「ビーロジ」説明会

クラウドWMS「ビーロジ」の使用方法を教示させて頂きました。商品マスタの登録や出荷指示データの登録といったWEB管理画面の使い方はもちろん、ハンディーターミナルによる入出荷検品など、実際のお客様の倉庫現場で説明会を実施させて頂いたことで、より実感頂ける説明会になったかと思います。

改善策提案・物流基礎講習

改善策提案・物流基礎講習

現状の課題に対してどのように改善を行っていくかに焦点をあて、物流改革会議を行いました。また、「企業活動の基本」や「改善活動の考え方と進め方」「物流の3要素」「PDCAサイクル」など、今後の物流改善の基礎となる知識についても講習させて頂きました。

改善策取り入れ

改善策取り入れ

物流改革会議で設定したKPIを目標に日々の物流業務について改善策を取り入れていきました。特に今回のお客様では元々、倉庫管理システムを導入されていなかったことから、クラウドWMS「ビーロジ」を導入したことにより、ピッキング作業がスピードアップしました。また、巣箱を効率的に使用することにより、保管効率がアップしました。

改善評価

改善評価

実際に改善策を取り入れたあとは、それに対する評価を行いました。目標を掲げていても上手くいかなかったことに焦点をあて、根本的に解決するための提案を行いました。あとは目標KPI設定→改善実行→改善評価→物流改革会議の流れを循環させていきました。

お客様インタビュー
質問
物流コンサルティングを依頼しようと思ったきっかけを教えてください。
回答
ネットショップの発送業務が追いついていない状況を見て改善したいと思ったのがきっかけです。出荷件数が日に1,000件ほどあるため、日々の業務の中でも発送業務が占める割合は大きいです。そのため、発送業務の改善は当社の経営課題の1つであります。そこでいっそうのこと、物流のプロであるコンサルタントに改善をお願いしようと思いました。
質問
数ある物流コンサルティング会社の中、弊社にご依頼頂いた理由を教えてください。
回答
正直なところ、他の物流コンサルタントルティング会社にも声をかけたのですが、その中でも1番提案力があったのがトミーズさんです。契約前にある程度わかり易い資料を頂いたので、イメージしやすかったです。また、今回は物流改善と一緒に倉庫の引っ越しという難題もあったため、まとめてお願いできるトミーズさんにお願いしました。
質問
トミーズの物流コンサルティングサービスを利用した感想をお聞かせください。
回答
そうですね、まだ改善をお願いしてから3ヶ月目のため、まだまだこれからって感じなので本当に今がスタートラインだとは思いますが、まず従業員の意識が変わったような気がします。物流の専門的な基礎知識を得たのはもちろんのこと、改善するために自分達が何をしていくべきかを考えるようになりました。これは当社にとって物流改善だけではなく、会社として大きな収穫だと感じています。
質問
最後に、、、今後の事業展望(目標等)についてお聞かせください。
回答
冒頭でもお話ししましたが、発送業務の改善は当社の重要な経営課題として位置付けています。そのため、まずはしっかりこれを改善したいと考えております。日々の出荷精度が上がればさらに売上と利益を追求できると考えております。トミーズさんこれからもお願いしますね!
メールお問い合わせ・無料診断はこちらから。お電話の場合は0725-20-4080まで(営業時間 平日9:00〜18:00)