TOP

トミーズコーポレーション

梱包作業のムダ削減はNHKを優先的に取り組むこと

近畿運輸局営業倉庫倉許第1225号/第一種利用運送事業事業近運貨取第362号

0725-20-4080

0725-23-3847

スタッフブログ

アパレル物流のことなら大阪のトミーズTOP > ブログトップ > 物流業務について > 梱包作業のムダ削減はNHKを優先的に取り組むこと

2017/08/07 カテゴリ:物流業務について

梱包作業のムダ削減はNHKを優先的に取り組むこと


    以前、こちらのブログでピッキング効率の向上の重要性について書かせていただきましたが、今回は物流改善でもよく注目される「梱包作業」にフォーカスを当ててみたいと思います。また、今回は物流改善における専門用語でもあるNHK【N(無くす)、H(減らす)、K(変える)】になぞらえて紹介させて頂きます。

    N(無くす)
    まず考えなくてはいけないのが今やっている作業内容をじっくり検証してみることです。「作業目的は何なのか?」「本当に無駄がないのか?」「付加価値はあるのか?」等色々な視点で見つめ直す必要があります。その上で、無駄がある場合はその作業を無くせないかを検討する必要があります。梱包作業の無駄を見直す一番手っ取り早い方法は、梱包作業の工程を無くすことです。
    例えば梱包作業の工程の中には梱包資材の選定があります。商品の大きさや数量に合わせて適切な種類やサイズの梱包資材を選定する必要があるのですが、その作業がなかなか大変だったりします。それがWMS(倉庫管理システム)を導入することにより、商品のピッキング前の段階で商品の体積や重量または数量などに紐付いて、適切なサイズの梱包資材を自動で選定することができます。そうすればピッキング時にそのまま商品をダンボールに投入することができる上、梱包資材を選定する時間をなくすことができます。

    また、現代では環境保全におけるエコ活動の中で、商品パッケージの簡素化に取り組んでいる企業があります。具体的にはFRM(フロア・レディ・マーチャンダイズ)と呼ばれるものですが、個別包装を廃止して、店への納品時にそのまま陳列できる商品を推進する取り組みが活発になりつつあります。そのように梱包を無くすということは商品開発から取り組める場合もあります。

    H(減らす)
    次に梱包作業の無駄を減らす作業が必要になります。先ほどのステップでは「無くす」ことを前提としましたが、どうしても無くすことができなかった場合は、「減らす」ことに頭を切り替える必要があります。実は梱包作業には減らすことができる作業内容があります。それは「組み立て」です。近年ではワンタッチで組み立てることができるダンボールも登場しました。ワンタッチ型のダンボールは底面にガムテープなどの梱包テープを使用しなくてもよいものが多くあります。そのため結果として作業時間だけではなく、テープ代も削減することが可能になります。最近では天面さえテープ止めが必要のないダンボールも登場しているため、今一度ダンボール資材の種類について調べ直してもよいかもしれません。

    また、通販物流では送料が安いためメール便(厚さに一定の制限があるポスト投函による配達方法)が使用される機会が増えています。1日に100件以上のメール便を発送するお店も少なくはありません。メール便の梱包作業の無駄を省くには予めテープがついた梱包資材を選ぶとスムーズです。テープがついた梱包資材を選べば別途テープを用意して貼る作業を省くことができるのはもちろん、テープ代のコスト削減にもつながります。また、テープを使用しないことから、ハサミやテープカッターといった無駄なものを作業台の上におく必要が無くなるため、異物混入を防ぐための良い手段でもあります。

    K(変える)
    最後のステップが「変える」です。無駄を省いても、どうしてもどこかで限界がきてしまいます。それなら、そもそものやり方を変えてしまうのも一種の手段です。特に近年の物流業界では人材不足や人件費の高騰といった問題からマテハン機器の導入による「自動化」が話題に上がることが多くなりました。梱包作業もその自動化のトレンドのど真ん中にいます。自動でダンボール箱を組み立てたり、梱包したりするには自動の製函機が必要になります。もちろん導入コストが必要になりますが、費用対効果の高い機器であるため前向きに検討してみてもよいかもしれません。

    いかがでしょうか?
    NHKを意識して取り組むことができれば物流現場で多く見られる無駄を徹底的に削減することが可能です。トミーズコーポレーションではアパレル物流20年の実績をもとに徹底的に無駄を省いたオペレーションを実現しております。そのため、物流のアウトソーシングを検討されている方はもちろん、自社の物流品質を高めたいと考えていらっしゃる方も含めてそれぞれ用途にあったサービスをご提案することが可能です。

    アパレル物流のアウトソーシングをご検討中ならトミーズコーポレーションの通販物流サービス

    自社物流の改善を進めようとご検討中の方はトミーズコーポレーションの物流コンサルティング

    大阪で激安の梱包資材をお探しの方はこちら

    がオススメです。

    Webでお問い合わせ

    カテゴリー


    量販店向け出荷代行 多店舗出荷なら実績が豊富なトミーズへ!

    格安!物流向け段ボール発注 段ボール一つでコストを大きくカット!

    倉庫見学

    通関業者ご紹介

    スタッフブログ

    オリジナルTシャツ作成TOMMY’S

    ポートフォリオサイト

    外部リンク

    Hawaii Waikiki Surf Shop & Blog KAION

    VMD TOTAL SUPPORT OFFICE 深澤企画