TOP

トミーズコーポレーション

BPOとは?BPOのメリットとデメリットを物流視点から考える

近畿運輸局営業倉庫倉許第1225号/第一種利用運送事業事業近運貨取第362号

0725-20-4080

0725-23-3847

スタッフブログ

アパレル物流のことなら大阪のトミーズTOP > ブログトップ > EC通販業務について > BPOとは?BPOのメリットとデメリットを物流視点から考える

2021/02/22 カテゴリ:EC通販業務について

BPOとは?BPOのメリットとデメリットを物流視点から考える


bpo_logistics

コロナ禍において拡大している市場がEC市場です。ただ、いくらEC市場が拡大しているといってもそこには成功を収めている企業もあれば、少なからず苦戦している企業もあるのではないでしょうか。では成功している企業はどのような経営戦略を立て、組織体制を構築しているのでしょうか?本日はその部分に少し触れてみたいと思います。

BPOとは?アウトソーシングとの違いを解説

最近よく耳にするのがBPOという言葉。ビジネス・プロセス・アウトソーシング(Business Process Outsourcing)の略称です。BPOとは簡単に言えば、企業活動における特定の業務プロセスを一括して専門業者に外部委託することをいいます。

アウトソーシングとの違い

では、一般的に言われるアウトソーシングと何が違うのでしょうか?アウトソーシングは単に自社業務の一部を外注先に委託することを指しますが、BPOは少し違います。BPOは単に業務を委託するだけではなく、業務の運用はもちろん企画や設計、課題解決への取り組みなど経営戦略ごと一つのパッケージとして委託することを言います。作業のみを任せるならアウトソーシング、業務改善や見直しも必要ならBPOと捉えてみても良いかもしれません。

BPOのメリット

アウトソーシングと同様、企業は自社のコア業務に集中することができます。忙しくて手付かずであった商品企画や営業活動等を強化することにより、より優れたサービスを顧客に提供できることは間違いありません。結果として売上も拡大していくでしょう。また、BPOは単に業務を委託するのではなく、経営戦略ごと委託することができますので、自社のナレッジ(知識)が不足していたとしても、心配する必要はありません。運用はもちろんのこと、改善活動も並行して実施してもらうことができます。そのため、時代の変化が早いEC業界でもそのスピードに順応していくことが可能です。

その他のメリットと言えばコスト削減です。一見、自社運用の方がコストが削減できるように思われるかもしれませんが、それは必ずしもそうとは限りません。先ほど述べたように、ここ数年のデジタル変革に伴う時代の変化には目まぐるしいものがあります。その中で企業活動の全てを自社のノウハウのみで最高峰のレベルに常に保つことはそう簡単ではありません。餅は餅屋ということわざもあるように、専門知識の高い業者に依頼する方が、かえって無駄がない場合もあります。

BPOのデメリット

デメリットの一つとして考えられるのが、情報漏えいのリスクです。これはアウトソーシングでも同じことが言えますが、委託先企業の管理体制が脆弱であれば、自社の顧客情報等が流出してしまう恐れがあります。BPOの場合は委託先企業により深く経営活動をサポートしてもらうため、さらに重要な機密情報等も流出する危険性があります。そのため、信頼はもちろん、安心できる管理体制の企業を選ぶことをおすすめいたします。

物流部門の外注委託がアウトソーシングではなくBPOに近い理由

さて、それでは物流部門に目を向けてみましょう。実は物流部門の外注委託はアウトソーシングよりもBPOの方が近いと言えます。それは企業の物流部門が単なる作業ではないからです。確かに物流作業だけを外部に委託することはできますが、それでは外部委託業者のオペレーション次第の結果となってしまい、どれだけコストがかかっているか、そこに無駄はないのか、改善の余地はないのか等、企業として取り組んでいかなければならないポイントがあまり見えてきません。本ブログの「物流とロジスティクスの違いを解説します」でも解説しております通り、近年ではロジスティクス(=物流活動を通した経営管理)が普及してきています。

物流部門の委託ならトミーズコーポレーション

物流部門の委託を検討されている場合は、一度弊社トミーズコーポレーションまでお問い合わせください。弊社にお問い合わせいただくお客様の中には「今まで依頼していた物流倉庫ではEC対応ができない」といった声や「最近の出荷増に対応しきれなくなった」などの声も多く聞かれます。

弊社トミーズコーポレーションはただただ作業を請け負うのではなく、お客様(取引企業)にとっての経営課題を物流視点からお客様と一緒に考えてまいります。弊社の強みは何と言ってもECに特化したクラウドWMS「BEELOGI(ビーロジ)」を導入していること。ありとあらゆるECカートと連動することが可能であるため、お客様の物流機能として何かに限定されてしまうといったことがございません。最近では弊社も物流コンサルティングのご依頼が増えてまいりました。やはりデジタル変革とともに物流変革が始まっていると考えます。

EC発送代行をご検討の方はトミーズコーポレーション


自社の発送業務を効率化するにはトミーズの物流コンサルティングがおすすめ

Webでお問い合わせ
物流の拠点集約でお悩みの方へ

RSS


RSSリーダーを使用し、RSS登録することで、サイトにアクセスしなくても、更新情報や新着情報をチェックすることが可能です。

カテゴリー


EC・通販の在庫管理システムならクラウドWMS「BEELOGI」(ビーロジ)

量販店向け出荷代行 多店舗出荷なら実績が豊富なトミーズへ!

格安!物流向け段ボール発注 段ボール一つでコストを大きくカット!

倉庫見学

通関業者ご紹介

スタッフブログ

オリジナルTシャツ作成TOMMY’S

健康経営優良法人

ポートフォリオサイト

外部リンク

VMD TOTAL SUPPORT OFFICE 深澤企画