TOP

トミーズコーポレーション

EC発送代行のことならアパレル物流のトミーズコーポレーション

近畿運輸局営業倉庫倉許第1225号/第一種利用運送事業事業近運貨取第362号

0725-20-4080

0725-23-3847

EC物流とは?

アパレル物流のことなら大阪のトミーズTOP > 通販物流サービス > EC発送代行業者の選び方

EC発送代行とは?

EC物流とは?

EC発送代行とはEC(電子商取引)における物流業務をアウトソーシングすることを指します。簡単に言うとネットショップの発送業務を外注するということです。入荷や検品、保管やピッキング、梱包や出荷といった物流倉庫の一連の作業を委託できるだけではなく、発送代行業者が運送会社と運賃契約していることから、自社で運送会社と直接契約するよりも安い運賃で発送することが可能になる場合もあります。

EC発送代行業者の選ぶポイント

EC発送代行業者はいわば通販サイトを運営していくうえでのパートナーです。会社の資産である商品を預けるのはもちろんのこと、物流というバックヤード業務を長期的に委託するため、信頼できる業者選びが必要になります。もし仮に契約した発送代行業者が誤出荷が多く物流品質の低い業者だと、ショップレビューの評価が下がってしまい、売上に悪影響を与えてしまう恐れがあります。失敗しないためにも予め選ぶポイントを把握しておきましょう。

1.EC発送代行の実績

まずはじめのポイントがEC発送代行の実績です。EC発送代行の日々の業務は受注データの取り込みから始まります。通常、ECサイトから受け付けた注文は受注データとして倉庫側で受け取る流れとなり、ECの受注管理ソフト(荷主側)と倉庫管理システム(倉庫側)とを連携する必要があります。そのため、EC発送代行業者はITリテラシーのある業者であることが求められます。まずはEC発送代行業者にシステム連携を得意とした専門スタッフが在籍しているかチェックすると良いでしょう。

次に、出荷増に対応できるかどうかも重要なポイントです。ECサイトは通常のバーゲンセールはもちろんのこと、割引クーポン配布やポイント還元祭などキャンペーンが豊富です。ただし、EC発送代行業者に出荷増に対応するための体制が整っていないとせっかく商品が売れても発送できない事態に陥ってしまします。そうなってしまうと最悪の場合は、出荷遅延による顧客からのクレームやキャンセルに発展する可能性も出てきます。それをカスタマースタッフが対応し、解決するには相当な労力を費やすことになります。そのため、予め1日に可能な最大発送件数を確認しておくことをオススメ致します。

2.目的の商材に合わせた体制

EC発送代行業者に商品発送を代行してもうらう為には先に商品を保管してもらう必要があります。そのため、EC発送代行業者が保有する物流倉庫に商材の特性に合った管理体制が整っているかどうかも重要なポイントです。次に紹介するのは商材別に必要な管理機能です。

【食品】
食品を依頼する場合は、定温倉庫や冷蔵・冷凍倉庫といった設備が必要になることはもちろん、先入先出しや賞味期限を適切に管理することができる在庫管理体制が必要になります。

【化粧品】
化粧品においては、品質検査や法定ラベル貼付なども委託する場合は、EC発送代行業者が「薬事許認可」を取得している必要があります。また、複雑な同梱処理(リピーターの購入回数や会員ランクによってそれぞれ内容が違うチラシを同梱等)ができる業者であれば顧客への再アプローチも容易に行う事ができ、売上アップも狙いやすくなります。

【アパレル】
アパレルの場合は、検品検針、X線検査といった入荷時のチェックや、下げ札交換、品質ネームの付け替え、プレス、糸切りなどの物流加工に対応している業者であれば、海外の生産体制に不安を抱えている場合でも安心して商品を任せることができます。いざ注文が入って商品を発送するとなった場合でもB品(不良品)が見つかってしまっては発送できません。物流加工に対応しているEC発送代行業者ならすぐにそのB品(不良商品)をA品(良品)に格上げ補修して商品を発送してくれます。
また、アパレルや雑貨は値札付けやタグ付けが必要になることがあります。少量なら自社で対応できますが、千や万単位となった流通加工作業の場合は、自社で対応するとなるとスタッフの増員も検討する必要があります。こうした作業を一括してEC発送代行業者に委託することで、自社のスタッフ雇用のリスクを抑えることができます。

【工業製品(部品)】
ネジやボルト等の工業製品を始め、何らかの部品(パーツ)のような商品はロット生産されることが多く、ロット毎に微妙に仕様が違っている場合があります。そのため在庫管理でも商品毎の管理だけでなく、厳格なロット管理が必要不可欠となります。

【電子機器】
パソコン等の電子機器には同じ型番商品でも数字の異なるシリアルナンバーが付与されている場合があります。シリアル管理を行うことで顧客に届けた商品のトレーサビリティを確保する事ができます。

このようにEC発送代行業者に自社の商材に合った管理体制が整っているか事前にチェックしておくようにしましょう。

3.ラッピングなどの特殊梱包

ECに限らず物販はバレンタインデーや母の日、クリスマスなどといった特別な日に売上が伸びる傾向にあります。そのため、ECサイトで購入できる多くの商品がギフトに対応しています。消費者はこの時期についてはプレゼント目的で商品を選ぶため、お店選びとしてはまずはギフトに対応しているショップが第一条件になります。そのため、EC発送代行業者がラッピングや熨斗、メッセージカード等に対応できるかが重要なポイントとなります。自社の商材に合ったギフト対応がどこまで柔軟に対応できるか予め確認しておいてください。

4.分かりやすい料金設定

EC発送代行の見積もりは業者毎に料金設定が違う場合が多いです。1出荷〇〇〇円〜とパック料金のように設定している業者もあれば、入庫量〇〇円、保管料〇〇〇円とそれぞれの作業項目毎に単価を出している業者もあります。もし仮に見つけたEC発送代行業者が安い見積もりを提示してきても、実はオプション料金が高く、結果的に高くつく場合があります。そのため、商談時では結局いくらかかるのかがわかりにくいケースが多いです。まずは実際に想定できる請求金額を算出してもらうと良いでしょう。
また、物流コストを削減するには安い業者を選定しがちですが、価格重視で選んでしまうと、やってもらいたい事が対応してくれなかったり等、後々問題になることもありますので、最初に「ここだけは譲れない」といった自社にとって重要なポイントを伝えておくことが懸命です。

5.倉庫見学

「百聞は一見に如かず」ということわざがあるように、実際に商品が保管される場所を事前に確認することは非常に需要なポイントとなります。EC発送代行業者との契約がスタートすると商品がすべてEC発送代行業者の物流倉庫に保管されるため、なかなか自社では見えにくい状態になってしまいます。商品の保管状態はもちろん、スタッフの梱包作業など実際に業務内容や作業品質を見せてもらうと良いでしょう。

6.物流以外の付加価値

近年ではフルフィルメントと呼ばれるように物流以外の機能を有するEC発送代行業者も増えてきました。具体的には受注処理やコールセンター、撮影・採寸・原稿作成といったささげ作業やWEB制作広告運用を含めた販売コンサルティングなど、一括してECサイト運営のための業務を委託できます。特に撮影ではモデルのキャスティングやカメラマン・ヘアメイクの手配フォトスタジオの予約などそれぞれのスケジュール調整が難しく、自社で準備するのはなかなか大変です。そのため、自社のみでECサイト運営を完結できない場合は、このような機能を有するEC発送代行事業者を選ぶと良いでしょう。
また、中にはグッズ制作やオリジナルTシャツの作成も請け負ってくれる業者もあますので、ECサイトの販売商材にバリエーションを付けたい場合は相談することが可能です。

EC発送代行業者をお探しならトミーズの通販物流サービス

通販物流サービストミーズコーポレーションではアパレル物流20年の実績をもとに、EC物流のアウトソーシングとして「通販物流サービス」を提供しております。サービス内容についてはこちらから。

Webでお問い合わせ

カテゴリー


EC・通販の在庫管理システムならクラウドWMS「ロジマネ」

量販店向け出荷代行 多店舗出荷なら実績が豊富なトミーズへ!

格安!物流向け段ボール発注 段ボール一つでコストを大きくカット!

倉庫見学

通関業者ご紹介

スタッフブログ

ポートフォリオサイト

オリジナルTシャツ作成TOMMY’S

外部リンク

Hawaii Waikiki Surf Shop & Blog KAION

VMD TOTAL SUPPORT OFFICE 深澤企画