TOP

トミーズコーポレーション

クリスマス商戦で物流に課題を感じた方へ。

近畿運輸局営業倉庫倉許第1225号/第一種利用運送事業事業近運貨取第362号

0725-20-4080

0725-23-3847

スタッフブログ

アパレル物流のことなら大阪のトミーズTOP > ブログトップ > 物流業務について > クリスマス商戦で物流に課題を感じた方へ。

2017/12/26 カテゴリ:物流業務について

クリスマス商戦で物流に課題を感じた方へ。


皆さまのショップではクリスマス商戦は上手く戦えたでしょうか?商材にもよりますが、12月は一年でも1番売上が作れる時期ということもあり、特にギフト商材を扱っているショップ様ではきっと多くの商品を販売されたと思います。ただ、販売数が多い分、嬉しい悲鳴でありながらそこで課題となってくるのが発送業務です。今回は多忙な時期によくありがちな物流課題とその解決策に触れてみたいと思いますので、急な出荷増に課題を感じられた方はお読み頂ければ幸いです。

多忙なシーズンでの物流課題事例

急な在庫増で保管場所がない

まず最初に考えられるのがこの問題です。売上を作ろうと大量に用意した在庫は思った以上にスペースをとります。発注段階ではデータの数字しか見ないため、実際に納品された在庫を見ると必ずといってよいほどギャップを感じます。その場合、おそらく慌てて一時的に倉庫を借りることになると思いますが、短期間での利用はやはり割高になりますので、せっかくの利益を圧迫する結果となります。

発送が間に合わない

急な販売増により、人手が足りず発送が間に合わないといったケースは珍しくありません。クリスマスセール等の突発的な出荷増のために常日頃から多くのスタッフを常駐させるわけにはいかず、派遣会社に派遣スタッフを手配する手段を選ばざるを得ないのですが、あいにくイベント毎はどこもタイミングが同じでなかなか満足いく数のスタッフを手配することができません。また、ギフト商材の発送については梱包作業の中にラッピング作業が必要になるため、通常よりも余計に時間と手間がかかってしまいます。人手不足となると、当然発送が間に合わないという結果に陥ります。

指定日に届かずクレームの嵐

ギフト商材でよく問題となるのが日時指定配達です。指定した日に届けることができれなければお客様からクレームを受け付けることになります。念のため、その際のカスタマースタッフも用意しておく必要があるので、なおさら発送スタッフに人員を割くことが難しくなるのです。

課題を解決するには発送代行会社がオススメ

ロケーション管理
課題を解決するには発送代行会社を利用するのがオススメです。発送代行会社を利用することで、先ほど上げた課題は全て解決することができます。発送代行会社なら多くの倉庫スペースを保有しているため、ある程度の在庫増にも臨機応変に対応してくれます。また、発送代行会社は複数の荷主の出荷を行っているため、在籍しているスタッフも多く、荷主間のスタッフを調整することで、難なくこなすことができます。しっかりと発送することができれば、「指定日に届かない」といったクレームを受けることもなくなるでしょう。

クリスマス商戦での成功をもとに年間売りあげる店舗を目指しませんか?

右肩上がり
今回クリスマス商戦で多くの受注を獲得したショップ様はチャンスです。その販売ノウハウを元に、年間を通じて安定して売り上げるお店作りにチャレンジしませんか?面倒な発送業務を発送代行会社に委託することで、しっかりと販売促進に力を注ぐことができます。「1年も利用したら暇なシーズンでもコストがかかってしまうのでは?」と思われた方もいらっしゃると思います。しかし、実際にはどうでしょう。一年の間に売上を作ることができるイベントは実はたくさんあります。

1月はお正月、2月はクリアランスセール・バレンタイン、3月はひな祭り・ホワイトデー、4月は新春生活応援セール、5月はこどもの日・ゴールデンウイーク・母の日、6月は父の日・お中元、7月は七夕・サマーバーゲン、8月はクリアランスセール、9月は敬老の日・孫の日・シルバーウイーク、10月は体育の日、11月は文化の日・勤労感謝の日・いい夫婦の日、12月はクリスマス・年末セールなど。

今から検討しよう!物流のアウトソーシング

上記カレンダーの通り、在庫の少ない2月もしくは8月の引っ越しを目指すなら早いうちから複数の物流会社を検討する必要があります。もちろんそれ以外の月でも引っ越し自体は可能ですので、まずは見積もりをとるところからスタートしてください。

発送代行会社を選ぶポイント

ポイント
イベント毎に合わせた販売戦略を立てるなら、ギフト対応に強い発送代行会社がオススメです。ラッピングや熨斗対応など実績のある会社が安心できます。また、できれば撮影サービスも展開している発送代行会社が良いでしょう。今の時代、商品をお客様に見てもらうには実物の商品だけではなく、カタログやチラシなどの紙媒体はもちろん、WEBサイトやメールマガジン、SNSといった電子媒体でも写真が必要になります。クオリティの高い写真を使うことで売上アップも見込めます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?クリスマスにおける発送業務でピンチを感じた方はそのピンチをチャンスに変える良いタイミングです。トミーズコーポレーションではBtoC発送代行サービスである通販物流サービスの他にも、BtoBの発送代行サービスも提供しております。今のうちから物流のアウトソーシングを検討されている方はまずは一度お気軽にお問い合わせ下さいませ。

発送代行会社を利用するならトミーズコーポレーション

Webでお問い合わせ
カテゴリー

RSS


RSSリーダーを使用し、RSS登録することで、サイトにアクセスしなくても、更新情報や新着情報をチェックすることが可能です。

カテゴリー


EC・通販の在庫管理システムならクラウドWMS「ロジマネ」

量販店向け出荷代行 多店舗出荷なら実績が豊富なトミーズへ!

格安!物流向け段ボール発注 段ボール一つでコストを大きくカット!

倉庫見学

通関業者ご紹介

スタッフブログ

オリジナルTシャツ作成TOMMY’S

ポートフォリオサイト

外部リンク

VMD TOTAL SUPPORT OFFICE 深澤企画