TOP

トミーズコーポレーション

アパレルに特化したワンストップ物流サービスに関する知識を掲載

近畿運輸局営業倉庫倉許第1225号/第一種利用運送事業事業近運貨取第362号

0725-20-4080

0725-23-3847

物流コラム

物流コラム

アパレル物流のことなら大阪のトミーズTOP > 物流コラム > 量販店出荷代行サービスとは

量販店出荷代行サービスとは

多店舗出荷についての悩み


アパレル商品はアパレル量販店に出荷され、顧客が購入することによって商売が成立します。一つ問題になるのが、アパレル分野は常に新商品が生産されており、物流が絶えずフル稼働している点です。出荷量が増加すれば物流にかかるコストも作業量も激増します。実店舗にしてもオンラインショップにしてもこの問題は深刻です。特に繁忙期においては、どう対応して良いか分からないという悩みを抱えているお店もあるでしょう。
また、複雑な出荷パターンも少なくないことがアパレル分野の特徴です。多店舗あるいは多品種の店舗別梱包作業も、スピーディーに対応しなければなりません。そこで、柔軟性のある物流の仕組みを確立することがお客様のニーズに応えられる方法となります。
多店舗出荷についての悩みは多くのアパレル関係のお店が抱えているものであり、場合によっては経営をしていくうえにおいての致命傷になる可能性もあります。この問題を解決する術の一つとなるのが、アウトソーシングを行うことです。量販店出荷代行サービスを利用することで、物流に関しての問題を減らすことができます。さらに、複雑な出荷パターンがあっても柔軟性のある物流ソリューションがあれば、幅広く対応をすることが可能です。在庫や出荷に関して高い精度を誇るシステムを構築してもらうことで、物流に関しての問題がクリアできます。
物流の基本となるのはまず入荷です。屋根付きの十分なスペースを確保しないと商品の質が落ちてしまうことも考えられます。流通加工に関しても、商品ごとに適した機材を用いて検針やエックス線検査を行う必要があります。店舗ごとの仕分けを行う場合も、発注データを元にして商品を検品し、誤出荷を防がなければなりません。最後に発送を行って完了となります。すべての対応を自店舗内で行うのは現実的ではありません。主軸の業務に集中できる環境を整える意味でも、アウトソーシングを行う意義は大きいといえるでしょう。

量販店出荷代行業者を選ぶ方法


量販店出荷代行サービスを利用するためにはまずは業者選びが肝心となります。どの業者を選ぶかが重要であり、どの業者でも同じようなサービスだと考えるのは早計でしょう。はじめに比較をしたいのは価格面です。ただし価格面ばかりを強調している発送代行会社を選ぶことは危険です。費用を抑えることができるのは重要ではあるものの、肝心となるのはサービス内容の充実度です。まずは良いと思ったいくつかの業者に問い合わせをしてみましょう。
相談をする際には、相手方がどういった対応をするのかを見極めることもポイントです。なぜできないのかの理由を説明しない、見積もりも項目が説明不足で分かりにくい、求めている形を知ろうともしないなどの対応をされた場合は、別の業者を選択した方が賢明でしょう。物流にはさまざまな形がありますが、その形を知ろうとしないようなところは長期的な付き合いができるとは考えづらいものです。仮にできない業務があったとしても、なぜその業務ができないのかを明確に説明してくれる業者を選択することが望ましいです。
また、契約後の対応にも注目した方が良いでしょう。営業の対応と現場の人間の対応が明らかに違うことや、自社優先の対応を迫る、説明を受けていない請求をされる、何かトラブルがあったときしか連絡がこないなどの対応は問題外です。長期的に付き合っていける業者かどうかを見極めることが大切です。

業者選びで注目すべき点とは


業者選びで重要になるのは、過去の実績がちゃんと公開されているかということです。過去の実績が公開されていれば、安心してその業者を選択できる理由につながっていきます。また、倉庫の設備が揃っており、状況に応じて配送会社の選択ができるところも利便性が高くなります。クライアントの状況に応じて相談にのってくれて、対応可能か不可能かを明確にしてくれる場合は分かりやすくなるでしょう。
さらに、倉庫見学をする際に説明が分かりやすいと依頼した後のフローもイメージしやすくなります。少なくともこれらの要素を満たしているかどうかをチェックすることが肝要です。一度業者を決めてしまった後に何度も変更をするのは大変なので、決めた業者でずっと付き合っていけるのがより良い選択です。
大切なお客様という認識を持って対応してくれる業者もあれば、教育が行き届いていないと思えるような対応をする業者もあります。どの業者を選択するかによって、主軸の業務に集中できるかどうかが決まるといっても過言ではありません。もちろん、どういった業務を対応してもらいたいかによって適切な業者が異なる点も忘れてはいけません。求めている業務をスピーディーにかつ適切な価格で行ってくれる業者を見つけることができれば、安心することができるでしょう。量販店出荷代行サービスを利用している人が非常に多いのは、それだけ対応してくれる業務が多岐にわたっているからです。主軸の業務を適切に行うためにも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

Webでお問い合わせ
カテゴリー

カテゴリー


EC・通販の在庫管理システムならクラウドWMS「BEELOGI」(ビーロジ)

量販店向け出荷代行 多店舗出荷なら実績が豊富なトミーズへ!

格安!物流向け段ボール発注 段ボール一つでコストを大きくカット!

倉庫見学

通関業者ご紹介

スタッフブログ

ポートフォリオサイト

オリジナルTシャツ作成TOMMY’S

外部リンク

VMD TOTAL SUPPORT OFFICE 深澤企画