TOP

トミーズコーポレーション

アパレルに特化したワンストップ物流サービスに関する知識を掲載

近畿運輸局営業倉庫倉許第1225号/第一種利用運送事業事業近運貨取第362号

0725-20-4080

0725-23-3847

物流コラム

物流コラム

アパレル物流のことなら大阪のトミーズTOP > 物流コラム > 業界におけるアパレル物流の重要性と今後

業界におけるアパレル物流の重要性と今後

アパレルで重要な役割を担う物流システム


アパレル業界には様々なシステムが関わっています。そしてその中でも特に物流システムが重要な役割を担っています。というのも、特に大手になると、日本全国に展開しているからです。メーカーは、各店舗に商品をディスプレイするために、工場からそれぞれの店舗に商品を納品する必要があります。しかも店舗の大きさなどによって、発注量もそれぞれ異なります。そうなると荷物を運ぶ前に仕分けも必要となってきます。アパレル商品の場合、同じメーカーでもアイテムによってデザインが異なり、さらに同じシャツでも、カラーやサイズなど異なる商品をいくつか入れておく必要があります。サイズやカラーなども含めて、それぞれのお店にどのくらい納品すればいいか調整をしなければなりません。
もし納品した商品の中に不良品が混ざっていたり、品物の中に何か異物が混入していると後々問題になります。そこで検針作業という検品を行ったうえで出品をするのが一般的です。このように衣料品を配送するためにはいくつもの段階を経て、初めて運び込めるのです。
また百貨店など一部店舗では、売れ残った衣料品を返品する条件で契約を交わしているケースもあります。するとこの返品による配送も物流で担っていかなければなりません。さらにそれぞれのシーズンによって売れ筋の商品も違ってきますので、在庫管理における細かな配分も求められます。このように、業界におけるアパレル物流の役割は今までも大変大きなものでした。しかしこれからの時代、その存在感はますます大きくなると考えられています。

通販サイトの台頭で今後ますます重要に


ニュースを見てみると、運送会社の負担が大きくなっているという話をしばしば聞きます。その背景として、通販サイトの普及が関係しています。24時間いつでもパソコンやスマホで注文できる、自宅に商品を届けてもらえるということで、普段仕事をしていてなかなか店舗に行けない人の間で人気が高まりました。しかしその分、運送会社の荷物の取扱量が増えてしまって、運賃の値上げなどで対処せざるを得なくなっています。実はこの問題はアパレル物流でも起きています。
アパレル業界を見てみると、通販に特化して実店舗を持たない形式の会社も増えてきています。これまでは先ほども紹介したように、メーカーの工場と店舗の間の商品の荷物のやり取りが主流でした。しかしこれからの時代、工場から顧客のところに商品を持っていくウエイトもどんどん増えていく可能性が高くなっています。通販サイトからのニーズが高まると、アパレル物流のビジネスモデルも変わっていく必要があります。通販サイトの傾向を見てみると、土日に増える傾向が見られます。週末は仕事が休みの人が多く、自宅でゆっくりパソコンを使って買い物をするというスタイルをとる方が多いためです。よって、数多くの注文に対応するためには、土日には在庫を特に多めに確保しておいたほうがいいと言えます。そして発送は週明けに増えることになります。
通販サイトが台頭してきたことで、新しいタイプのアパレル物流も出てきつつあります。通販サイトが登場したことで、シーズンや日ごとに在庫数や流通量が大きく変動することもあり得るでしょう。在庫の量や荷物の発送量に応じてコストが変動するタイプにするなどして、コスト圧縮を目指すスタイルをとっているところも出てきつつあります。

アパレル物流とAIの関係が将来に及ぼす影響


どの世界でもAIが世間を騒がせています。アパレル物流においてもAIが今後どんどん活躍できる可能性があります。通販サイトのマーケットが拡大することで、当日発送するようなスピーディーな対応は難しくなりつつあります。実際当日発送を行ってきた運送会社の中には当日発送からの撤退や時間指定の見直しを行い始めています。これが今後解決すべきアパレル物流の問題の一つです。
そしてその解決策として注目を集めているのがAIです。従来の場合、倉庫で商品の仕分けを行ってそれをトラックに運び入れて配達するスタイルをとってきました。この場合仕分けは人の作業なのでそれなりに時間がかかります。人を増やせば作業能力はアップしますが、人件費がかさんでしまいます。しかしAIを導入することで、倉庫内のすべての在庫をデータ管理できます。すると在庫の管理や発送方法の中で最も高い効率が期待できる手法をAIが自動的に割り出してくれます。そうなれば多くのスタッフを雇う必要がなく、スムーズに発送することも可能になるわけです。
そのほかにも物流問題で大きな課題は、お客さん不在の点です。せっかく商品を持って行っても肝心のお客さんがいないと再配達になってしまうというものです。しかしこれもGPSなどを使って自分の荷物がどこにあるのかリアルタイムでお客さんが把握できるようになれば、自宅に届く前に再配達を指定できます。このようにして今までの無駄な工程を極力排して、効率化を進めていくことが期待されています。

Webでお問い合わせ
カテゴリー

カテゴリー


EC・通販の在庫管理システムならクラウドWMS「BEELOGI」(ビーロジ)

量販店向け出荷代行 多店舗出荷なら実績が豊富なトミーズへ!

格安!物流向け段ボール発注 段ボール一つでコストを大きくカット!

倉庫見学

通関業者ご紹介

スタッフブログ

ポートフォリオサイト

オリジナルTシャツ作成TOMMY’S

外部リンク

VMD TOTAL SUPPORT OFFICE 深澤企画