TOP

トミーズコーポレーション

近畿運輸局営業倉庫倉許第1225号/第一種利用運送事業事業近運貨取第362号

0725-20-4080

0725-23-3847

アパレル物流のことなら大阪のトミーズTOP > ブログトップ > Tシャツプリント業務について > 【保存版】アパレル業界におけるOEMとODMの違い、会社を選ぶポイントを解説

2021/08/09 カテゴリ:Tシャツプリント業務について

【保存版】アパレル業界におけるOEMとODMの違い、会社を選ぶポイントを解説


アパレル業界OEMとODMの違い、会社を選ぶポイントを解説

アパレルビジネスを成功させるには自社の商品力が最も重要です。しかしながら、企画や生産、そして販売までを自社のみで完結させるとなるとそれなりのノウハウや体制が必要になります。リテール(小売)であればやはり企画や販売に注力したいのが本音ではないでしょうか。そのため今回は現在アパレルビジネスの主流になっているOEM・ODMについて紹介します。

アパレルOEMとは

アパレルOEM
OEMとは英語のOriginal Equipment Manufacturing(Manufacturer)の略称で、委託側が商品企画をしてメーカーや商社に生産を依頼することを言います。OEMはアパレルはもちろん、化粧品や食品、家電や自動車などありとあらゆる業界で普及しています。

委託側のメリット

委託側のメリットは商品企画に専念できることです。委託側に商品生産の専門知識がそこまでなくても、OEM会社がサポートしてくれるため、しっかりとした製品を作ることができます。また、OEM会社の生産背景を間接的に利用できるのも大きなメリット。もし仮に委託側が自社で生産工場を探し出し、関係性をゼロから構築していくとなると膨大な時間とコストがかかります。また費用面から海外で生産を検討している場合は言語の問題もあり、さらにハードルが高くなります。

受注側のメリット

受託側のメリットとしては、在庫を抱える必要がないという点です。一般的にメーカーは自社企画のブランド商品を生産し、在庫を抱えた上で顧客に卸販売しますが、OEMの場合は受注生産となるため在庫リスクが存在しません。これは大きなメリットと言えます。しかしその反面、他のOEM会社と差別化が難しいと言えます。そのため、生産可能な商品ジャンル数、生産リードタイムの短縮、手厚いサポート力等をセールスポイントにするOEM会社が増えています。また近年、OEMのみならずODMも受け付ける会社が増えている現状があります。

アパレルODMとは

ファッションデザイン
ODMとはOriginal Design Manufacturing(Manufacturer)の略称です。OEMでは委託側が生産前の工程(企画、デザイン等)を担当しますが、ODMではすべての工程をODM業者に委託することができます。

委託側のメリット

委託側のメリットは自社にデザイナーやパタンナーの人材がいなくても依頼できる点です。アパレルブランドを立ち上げる個人や異業種からアパレルに新規参入する企業、これまで取り扱ったことのない商材を新しく生産するアパレル企業などで積極的に活用されています。生産プロセスを理解しているODM会社に商品企画からサポートしてもらうことで、商品企画がスムーズに進むことから結果的にコストダウンに繋がるケースも珍しくありません。

受託側のメリット

ただ生産を請け負うだけでなく、企画から携わることで他のOEM会社よりアピールできる点が多くなります。結果的に商談が成立する可能性が高まります。また、企画段階から関与できるため、後々顧客と揉める可能性が低くなります。さらにはODM会社が企画した商品がHITした場合、顧客からの信頼が高まることから継続的な取引が望めます。大手企業とのビジネスに成功した場合は以後、取引実績として紹介することで信用度が増すことから新規顧客との成約率が上がります。

アパレルOEM・ODM会社の選ぶポイント

アパレル業界に限定しただけでもOEM会社やODM会社はたくさんあります。そのため、「何を基準に選べば良いか分からない」と思われる方も少なくはありません。そのため今回は、OEM・ODM会社を選ぶ際のポイントを紹介いたします。

企画力を知る

いくら高品質な商品が安価に生産できたとしても、市場に受け入れられるものでないと売れません。特にODMを依頼する場合は企画力が重要です。企画はトレンド分析や市場調査、デザインや素材選定など幅が広いです。中には商品企画のみならずブランドディレクション業務まで請け負う会社もあります。まずは企画の部分からしっかりとサポートしてくれる会社を選ぶことが重要です。

得意分野を知る

OEM・ODM会社には得意、不得意があります。例えば生地に関して述べると布帛に強い会社もあればニットに強い会社もあります。また、場合によってはメンズやレディース、ヤングやミセスといった感じにターゲットゾーンでの得意、不得意もあります。そのため、自社の作りたい商品のブランドコンセプトをしっかり定義した上で、実績のある会社から選ぶ必要があります。

対応スピードを知る

トレンドに近ければ近い商品ほど市場に投下するまでのスピードが重要です。生地スワッチの調達やサンプル確認が早い段階でできれば、本生産にたどり着くまでの時間を短縮できます。中には予め生地スワッチを在庫している会社や現地に生地選定のためのスタッフを在籍させている会社もあります。シーズン中に追加で商品を投下する場合でもスピード感を意識しているOEM・ODM会社であれば迅速に対応してくれます。

生産体制を知る

アパレル生産の主流は海外。そのため、海外の生産工場と密に連携が取れる会社がおすすめです。よく聞く話ですが、値段だけで会社を選定してしまい「納期がかなり遅れた」「サンプル通りのものが上がってこない」「追加生産に時間がかかる」といった事にならないように事前に生産体制をしっかりと確認する必要があります。中には自社で現地法人を置き、現地に日本人や日本語を得意とする海外スタッフを在籍させている会社もあります。そのような会社であればスピード感はもちろん、しっかりとした意思疎通ができることでしょう。

検品体制を知る

近年、アパレルは中国から東南アジアへと生産が移っていますが、日本で販売する製品に求められる品質に関しては高い水準が求められています。現地で第三者検品を入れていても、実際に入ってきた製品に問題が発覚することもよくあります。実際に折れたミシン針が商品に混入していて大問題に発展したという話もよく聞きます。そのため、生産後にしっかりとした検品に対応している会社を選ぶ必要があります。検品証明書が必要な場合は発行できるかどうか事前に確認しておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?アパレルのOEM・ODMはアパレル産業を支えるビジネスモデルです。餅は餅屋ということわざがあるように専門知識のあるメーカーが生産を請け負うことで、スムーズに製品化できます。

弊社トミーズコーポレーションはアパレル物流25年の実績ともとにアパレルの物流加工サービスを提供しています。海外から仕入れた商品はやはり事故が付きものです。少しでも心配がある場合は国内での検品検針・X線検査等をご検討ください。また、値付けやブランドネームタグの付け替え、プレス等の加工にも対応しています。さらには商品の保管、BtoC向けで利用が増えているEC発送代行BtoB向けの発送代行も承っており、アパレル企業を物流からトータル的にサポートしています。

その他、弊社はシルクスクリーン工場を保有しております。そのため、Tシャツやポロシャツ、パーカーやブルゾン、トートバッグなど簡単に自社のオリジナル商品を作ることができます。デザイン確定後、最短4営業日で納品可能です。特に夏のシーズン中の商品追加でスピードを意識されている場合はお気軽にお問合せください。

アパレルの検品・検針・X線検査ならトミーズ


オリジナルTシャツの作成ならトミーズ

在庫一元管理
Webでお問い合わせ
物流の拠点集約でお悩みの方へ

RSS


RSSリーダーを使用し、RSS登録することで、サイトにアクセスしなくても、更新情報や新着情報をチェックすることが可能です。
カテゴリー

EC・通販の在庫管理システムならクラウドWMS「BEELOGI」(ビーロジ)

量販店向け発送代行 多店舗出荷なら実績が豊富なトミーズへ!

格安!物流向け段ボール発注 段ボール一つでコストを大きくカット!

倉庫見学

通関業者ご紹介

スタッフブログ

オリジナルTシャツ作成TOMMY’S

健康経営優良法人

ポートフォリオサイト

外部リンク

VMD TOTAL SUPPORT OFFICE 深澤企画