TOP

トミーズコーポレーション

今さら聞けないCVRって何?

近畿運輸局営業倉庫倉許第1225号/第一種利用運送事業事業近運貨取第362号

0725-20-4080

0725-23-3847

スタッフブログ

アパレル物流のことなら大阪のトミーズTOP > ブログトップ > EC通販業務について > 今さら聞けないCVRって何?

2016/08/17 カテゴリ:EC通販業務について

今さら聞けないCVRって何?


最近ネットショップを運営されているお客様から「CVRがなかなか上がらないんだよね」というご相談を頂いたりします。今日はそのCVRについて少し触れてみようと思います。
CVRとは??

まさに「転換率(Conversion Rate)」の事です。

もし読者様が運営されているネットショップが月にアクセス数が20,000だとします。
その中で注文数が月に250件あったら転換率計算の方法は以下のようになります。

250(注文件数)÷20,000(アクセス)=0.0125
CVR(転換率)=1.25%となります。

つまりは100アクセスあれば、1.25件注文が入ることになります。

ではこの1.25%というCVR(転換率)は低いのでしょうか?高いのでしょうか?
答えは普通です。

ネットショップの場合、平均的には1.0%~2.0%と言われています。
※商材によって変動するため一概には言えませんが、、、

先ほどの例に付け足してもう少し話を進めると、
もし売上げが月商100万円だとします。注文件数が250件なので平均客単価は以下の計算式になります。

100万円(月商)÷250(注文件数)=4,000
平均客単価は4,000円になります。

これである程度分析ができました。まとめると以下の通りです。

■店舗データ(月)

【売上】100万円
【注文件数】250件
【アクセス数】20,000
【CVR(転換率)】1.25%
【平均客単価】4,000円

もし、ここから売上げを月商100万円から500万円に上げたい場合はどうすればよいでしょうか?
大きく分けて3つの方法があります。

1)注文件数を増やす
2)平均客単価を増やす
3)CVR(転換率)を上げる

今日は1)の場合を考えてみましょう!
ここで利用したいのがまさにCVR(転換率)です。

さきほどのデータでは転換率は1.25%でしたので以下のように考えればスムーズです。

・必要な注文件数を求める
500万(月商)÷4,000円(平均客単価)=1,250
月に必要な注文件数は1,250件です。

・必要なアクセス数を求める
1,250(注文件数)÷0.0125(転換率)=100,000
月に必要なアクセス数は100,000です。

結果としてこのお店は月に100,000アクセス取れれば、月商500万円に到達します。
もちろん、平均客単価や転換率を上げる事ができればアクセス数はここまで必要にはなりません。
(ただ平均客単価を何倍にも上げるのはとても難しいです。)

つまりはアクセス数を増やすということがやはりとても重要なわけです。
近年ではリスティング広告やSEO対策、SNS広告、アフィリエイトなど色々な集客方法があります。

トミーズコーポレーションでは、リスティング広告代行SEO対策までサービスとして承っております。
もし、少しでもご興味頂けましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

通販物流をお探しなら大阪のトミーズコーポレーション

Webでお問い合わせ

カテゴリー


EC・通販の在庫管理システムならクラウドWMS「ロジマネ」

量販店向け出荷代行 多店舗出荷なら実績が豊富なトミーズへ!

格安!物流向け段ボール発注 段ボール一つでコストを大きくカット!

倉庫見学

通関業者ご紹介

スタッフブログ

オリジナルTシャツ作成TOMMY’S

ポートフォリオサイト

外部リンク

Hawaii Waikiki Surf Shop & Blog KAION

VMD TOTAL SUPPORT OFFICE 深澤企画