TOP

トミーズコーポレーション

不採算店舗を閉めてECサイトを強化!

近畿運輸局営業倉庫倉許第1225号/第一種利用運送事業事業近運貨取第362号

0725-20-4080

0725-23-3847

スタッフブログ

通販物流・発送代行のトミーズ TOP > ブログトップ > EC通販業務について > 不採算店舗を閉めてECサイトを強化!

2016/05/19 カテゴリ:EC通販業務について

不採算店舗を閉めてECサイトを強化!


まだまだアパレルが厳しい時代。景気も少し停滞気味で、アパレル業界の人間としては、どうしても近日報道されたユニクロの売上げ減少のニュースにも敏感になってしまいます。

さて、アパレル店舗(リアルショップ)を全国的に展開されている小売業の会社様の中にも、残念ながら「不採算店舗を抱えている会社様」も少なくないかもしれません。ただ、だからといってECサイトに注力している会社様はまだまだ少ないのが現状であります。

EC担当のスタッフの方に、予算をつぎ込めない理由の1つとしてよく聞くのが「会社の上司、代表等のECサイトへの理解を得るのが難しく、予算をつぎ込めない」といった声。

ただ、周りを見渡すとECサイトが好調の会社は業績が良い会社が多い。やはりそこを目指すしかありません。

最近ではECサイトの売上げを拡大するために、前向きにEC業務をアウトソーシングされている会社様が増えておりますので、その実例をご紹介致します。

(例)全国100店舗以上展開されているアパレル小売店様

1)不採算店舗をクローズ。予算をECサイトに投下。

2)自社のEC業務を洗い出し、アウトソーシングを検討。

3)これまで自社で行っていた商品撮影や発送業務等、ルーチンワークのものをアウトソーシング

4)今までかかっていた時間を販売促進時間に充て、モールに新規出店など販路を拡大。

この結果として売上げが上がっているそうです。

売上げアップの原因としてはやはり、EC担当スタッフの方が販売促進のための時間を取れるようになったとの事で、具体的には下記のようになります。

・メルマガやSNS等の既存顧客に対する企画・セールの頻度を増やした。
・モデルとのコラボ企画商品を打ち出した。
・週末セールや4時間限定セールなど、企画・セールの内容がより限定的になった。
・楽天、Yahoo等の他社モールへの出店に踏み切り、販売チャンネルが増え売上げが上がった。
・ECサイト限定の商品を打ち出し、リアルショップ購買層にもECサイトを認知させた。
・リアルとネットとのポイント連動サービスにより、リピート率・客単価が上がった。
・ECサイト購入分で店頭受け取りサービスを開始した。(試着してサイズが合わなければサイズ交換可能)

以上となります。

今までは撮影や発送などに費やしていた時間を「売る事」に専念させるだけでこれだけ変わるんですね。
特にECサイト限定の商品は面白いですね。限定となればECサイトで購入するしかないので、ECサイトとリアルショップの差別化ができます。

私も驚くのですが、このスマホが普及した時代の若い子でも、インターネットで服を買った事がないという人は意外にも結構いるのです。そのような人でもECサイト限定の商品となれば、ネットを利用して購入するきっかけにもなるかもしれません。

ネットショップの出荷代行ならトミーズ
商品撮影・モデル撮影ならトミーズ

Webでお問い合わせ

カテゴリー


量販店向け出荷代行 多店舗出荷なら実績が豊富なトミーズへ!

格安!物流向け段ボール発注 段ボール一つでコストを大きくカット!

倉庫見学

通関業者ご紹介

オリジナルTシャツ作成TOMMY’S

ポートフォリオサイト

外部リンク

Hawaii Waikiki Surf Shop & Blog KAION

VMD TOTAL SUPPORT OFFICE 深澤企画