TOP

トミーズコーポレーション

アパレルに特化したワンストップ物流サービスに関する知識を掲載

近畿運輸局営業倉庫倉許第1225号/第一種利用運送事業事業近運貨取第362号

0725-20-4080

0725-23-3847

物流コラム

物流コラム

アパレル物流のことなら大阪のトミーズTOP > 物流コラム > 進化を続けるアパレル物流の仕組み

進化を続けるアパレル物流の仕組み

効率化を求めたアパレル物流


日本でもアパレル業界は、多くの利益を上げてきました。海外では、もっと規模の大きな経営をしているところも多く、近年ではインターネットの発達により、シームレスな取引に発展してきています。実際に人件費の安い国で縫製されたものは、さらにコストをかけないようにするために、インターネットのオンラインショップを利用することで、高い競争力を得ました。そのため、より良いものを安価で手にすることができるようになったといえるでしょう。
その中で、高級アパレルもあります。少しでも効率的に販売する必要が出てきますが、実際にサプライヤー1社からの供給では耐えることはできません。バリエーションがないということで、効力を発揮することができないからです。かつてはこうした小売りもありましたが、インターネットという情報を持った顧客は、比較を容易にできるように変化してきています。つまり、情報を多く持っているということで、1社からの商品でバリエーションのない状態では、相手にしなくなったともいえるのです。ですが、複数の商品を仕入れるということは、複数のルートを持つということにつながります。ここに非効率になるボトルネックのポイントがあることから、アパレル物流は仕組みを変え、1つの倉庫に集約して出荷をまとめるという方法を採るようになったのが特徴です。運賃も削れますし、管理コストも下げられます。
物流会社としても、ハンドリングチャージを節約してもらう代わりに、高い効率性を提供することで利用価値を高めることができました。仕組みとしても重要なポイントであるのは、両者にメリットが存在したからです。

業界が抱えた問題と仕組み


物流の仕組みとしては重要であっても、大きなデメリットもあります。コストを削ることができた代わりに、サプライヤーの中の1社でも遅れれば、すべて止まってしまう可能性も出てきたということです。足りないまま出荷をすれば、コストのメリットを享受することができなくなります。速度も遅くなることによって、物流コストもあげてしまう要因となるでしょう。サプライヤーに対して、納期を厳命するということが重要になりますが、アパレル業界の抱える問題としても、すべてが履行できるわけではありません。期限を守るということは重要であっても、繁忙期が重なりやすい業界が抱えてしまう問題が露呈することがあります。だからこそ、余裕を持った納期が大切であり、その在庫を適切に抱えることができる倉庫の必要が仕組み上必要です。アパレル物流ということでは、この仕組みが必要不可欠であるといえるでしょう。
在庫を抱えるアパレル倉庫の場合、非常に多額の商品を抱えることになります。その在庫金額は、驚くべきものになる代わりに、必要な時に必要な数を取りそろえることが可能となるのがメリットです。つまり、セキュリティーということが必要になり、商品が必要な時に必要な状態に置かれなければいけないということになります。アパレル物流ということでは、常に流れが整備されていかなければいけません。だからといって、セキュリティーがないがしろにされてしまえば、すべてを失いかねません。生産は必要な時に間に合わせられるほど、柔軟には対応できないでしょう。アパレル物流において、信用性は重要であります。信用できる存在であれば、なによりも強みを発揮させることができ、効率化も強力に進めることが可能です。

進化が進むアパレル物流


アパレル業界は、古い体質であるということが言われますが、アパレル物流はどんどんと進化しており、そのシステムなくして成り立たなくなってきています。全国展開しているようなところでは、自社ですべてを管理することができない時代です。生産工場から各店舗に発送するとしても、仕分けがボトルネックになることも出てきます。アパレル物流は、こうした仕分けにも対応できるようになり、安全性と信頼性を高める検針といったことも倉庫でできるようになりました。在庫管理機能も倉庫業がもつようになり、流通経路をスマートなものにすることに成功できたことは、業界にとって大きな意味があります。
実際にアパレル業界も進化を求められ、実店舗のない業態も増えてきています。実店舗がないということで、顧客へ直接届ける必要性も出てきます。注文は休むことなく入り、季節などにも影響を受けて変動していきます。ですが、コストはあげることは難しいです。競争力を失うだけのことであり、逆に効率化を推し進めて対応する事態となりました。その仕組みを少しでも解決すべく、ワンストップでアパレル物流ができるサービスを展開している業者もあります。
アパレル倉庫は大きく変化しています。多様化したサービスを提供できるようになってきており、効率化を進めてきています。コストパフォーマンスの良さが、競争力を高めている以上、アパレル物流はこれから先も大きな価値を持つ存在になってくるでしょう。

Webでお問い合わせ
カテゴリー

カテゴリー


EC・通販の在庫管理システムならクラウドWMS「BEELOGI」(ビーロジ)

量販店向け出荷代行 多店舗出荷なら実績が豊富なトミーズへ!

格安!物流向け段ボール発注 段ボール一つでコストを大きくカット!

倉庫見学

通関業者ご紹介

スタッフブログ

ポートフォリオサイト

オリジナルTシャツ作成TOMMY’S

外部リンク

VMD TOTAL SUPPORT OFFICE 深澤企画