TOP

トミーズコーポレーション

アパレルに特化したワンストップ物流サービスに関する知識を掲載

近畿運輸局営業倉庫倉許第1225号/第一種利用運送事業事業近運貨取第362号

0725-20-4080

0725-23-3847

物流コラム

物流コラム

アパレル物流のことなら大阪のトミーズTOP > 物流コラム > 物流アウトソーシングって何?利用するメリットは?

物流アウトソーシングって何?利用するメリットは?

物流アウトソーシングとは?どんなことができるの?


そもそもアウトソーシングとは、簡単に説明すると外部委託のことを言います。つまり、物流アウトソーシングとは、外部の業者に物流業務からシステムの管理などまで委託するサービスのことを言います。では、具体的に依頼をすることで何ができるのかについて紹介します。
まず1つ目は入庫や棚入れ作業です。これは商品の荷受けの作業になります。専門業者ではコンテナ便などで大量の荷物を荷受けしています。続いて2つ目は検品や在庫管理を行ってくれます。ここでは商品の型番やサイズ、カラーなどを全て分けて保管場所に管理する作業です。物流会社によって異なりますが、例えばアパレルなどの商品を扱っている場合、具体的な作業はタグやラベルチェック、ネームやボタンの付け替え、クリーニング、検針など様々な作業が存在しています。3つ目はピッキングや梱包作業です。在庫管理の後に商品をピッキングしますが、実は在庫管理がしっかりとされていないと最悪の場合商品自体が見つけられないこともあるので大変な作業です。
物流会社なら専門スタッフも揃えられており、丁寧な梱包をしてくれますし、管理もしっかりとしているので商品が見つからないということもありません。その他にも配送管理全般の作業を行ってくれます。配送の業務と言ってもただ単に送るだけではありません、例えば配送業者の手配や契約運賃の施工、送り状の作成や集荷の手配、追跡番号の通知など様々な作業がありますが、これらを物流会社では全て請け負っています。このように、物流アウトソーシングでできることについて紹介しましたが、依頼することで大変な作業は基本的に全て請け負ってくれます。魅力的なサービスなので多くの企業が利用しています。また、一般的にできることを紹介しましたが、物流会社によっては他にも様々な作業を委託できるところもあります。

導入メリットについて考えよう


物流アウトソーシングを導入することで企業にとって様々なメリットがあります。具体的にここでは得られるメリットについて紹介します。まず1つ目はコスト削減です。導入することで委託することとなるので費用は必要になるのでは?と思っている方も多いですが、実は自社で行う場合には在庫管理から配送までの作業のためにたくさんの人件費や資材などが必要になります。忙しい時はいいですが、万が一暇になってしまった場合も同じコストを支払わなければなりません。しかし、外部委託をすれば、人件費やその他配送までにかかる費用は全て必要なくなります。全体的にみると外部委託した方が安く済むので、依頼を検討している方が多いです。
続いて2つ目は商品の管理で慌てたりする必要がなくなることもメリットとして挙げられます。基本的に商品の管理ができていない企業では、配送までに時間がかかったり、クレームが多く発生したりなど良いことはありません。企業イメージが悪くなる原因ともなりますが、アウトソーシングなら商品の管理もしっかりとしてもらえるので、配送するはずの商品がないと焦る必要もありません。従業員の負担も軽減できるので魅力的です。
3つ目のメリットはサービスの質を高められるメリットもあります。アウトソーシングなら、物流について専門的知識を持っているプロフェッショナルに依頼をすることができます。自社で補うことができない部分を専門的な技術でカバーしてくれるので、サービスの強化に繋がります。更に、配送業務に集中するのではなく、自社業務に集中できるようになるため、新たな商品を開発したりと他の分野の仕事にも手を付けられます。このように、導入することで負担を軽減できる、コストを削減できるなど様々なメリットがあります。特に手が回らない企業は、ミスなどにもつながるため、専門業者に依頼をした方が安心です。

納得できるアウトソーシングを選ぼう


これからアウトソーシングを検討中の企業も多いかと思いますが、適当に業者を選んで依頼するだけでは改善しないこともあるので、慎重に選ばなければなりません。選ぶときのコツとしては、まず要望を丁寧に聞いてくれるかがポイントです。基本的に物流会社によって対応できるサービスや見積もりなどは異なります。選ぶときは要望を丁寧に聞いてくれるところの方が、より効率よく作業を進められるので、事前にチェックしてから選んだ方がいいでしょう。
また、サービスの幅の広さもチェックしておきたいポイントです。例えばただ単に物流サービスを行うだけではなく、ホームページの作成もしてくれたり、商品の写真も撮影してくれたりとサービスの幅はそれぞれ異なります。また、依頼しようとしている側も何を求めているかが異なるので、事前にサービスの幅はチェックしておいた方がいいでしょう。このように一部分ですが選び方のコツはいくつかあります。コストが軽減できるとは言え、コストを支払って依頼することとなるので、慎重に選びましょう。

Webでお問い合わせ
カテゴリー

カテゴリー


EC・通販の在庫管理システムならクラウドWMS「BEELOGI」(ビーロジ)

量販店向け出荷代行 多店舗出荷なら実績が豊富なトミーズへ!

格安!物流向け段ボール発注 段ボール一つでコストを大きくカット!

倉庫見学

通関業者ご紹介

スタッフブログ

ポートフォリオサイト

オリジナルTシャツ作成TOMMY’S

外部リンク

VMD TOTAL SUPPORT OFFICE 深澤企画