TOP

トミーズコーポレーション

アパレルに特化したワンストップ物流サービスに関する知識を掲載

近畿運輸局営業倉庫倉許第1225号/第一種利用運送事業事業近運貨取第362号

0725-20-4080

0725-23-3847

物流コラム

物流コラム

アパレル物流のことなら大阪のトミーズTOP > 物流コラム > 出荷代行を依頼しよう!

出荷代行を依頼しよう!

出荷代行のメリットについて


出荷代行とは、注文があった商品を梱包して配送業者に渡すまでの一連の業務のことを言います。それほど特別な知識などが必要ないことが多いので、自社で行っている企業も多いです。しかし、最近は通販などで購入する人たちも増えているので、自社では手が回らなくなったという企業も少なくありません。こういった場合に出荷代行を使う人たちが多いですが、具体的に依頼するメリットについて見ていきましょう。
まず、1つ目のメリットは売り上げアップに繋がることです。どうして出荷代行を依頼することで売上アップにつながるのか疑問に思う方も多いですが、例えば通販で販売している商品があまりにも売れてしまうという場合、とても嬉しい話ですが発送業務が追い付かなくなって社員の負担になることがあります。毎日多忙な日々を過ごさなければならなくなるので、一日に売る数を限定したりして売るのを制限してしまう企業もいます。こういった場合に売り上げを上げようと思ったら更に人員を増やすか、商品の値段を上げるしか方法がありません。しかし、どちらもリスクが高いため、売り上げアップを諦めてしまう企業が多いのです。基本的に自社で行うには限界が来ることもありますが、出荷代行を依頼すれば、どれだけ出荷数が増えても対応してくれます。売るのを我慢する必要がなくなるので、売り上げアップにつながるということです。特に該当している人はサービスの導入を検討してみてはいかがでしょうか。
続いて2つ目は発送業務からの解放により、スタッフのモチベーションも高まるメリットがあります。出荷作業は、送る商品が少ない場合はそれほど忙しくありませんが、大量に注文が入った場合は残業は当たり前、さらには夜中まで作業をせざる終えない会社もあります。これでは多忙となり、退職する社員も多くなったり、社員のモチベーションも当然ながら上がることはありません。しかし、出荷代行サービスを導入すれば、社員の出荷業務はなくなるので、多忙な日々が続くことはありません。特に商品の発送や在庫管理などに時間と人員を取られ過ぎている場合は検討した方がいいでしょう。その他にも3つ目は商品の保管でスペースがなくなる心配もありません。業務を内製化していると、売り上げが伸びるにつれて商品の在庫管理が増えます。スペースがないと仕事をする場所を削ってまで確保しなければならないのでそれがストレスに繋がることもあります。出荷代行サービスを導入すれば、商品の保管をする必要がないため、仕事場が整理整頓されて業務の効率が上がります。

出荷代行の判断基準について


出荷代行はとても便利なサービスではありますが、導入した方がいい企業とそうでない企業とで分かれます。実際に導入を検討している人たちは判断基準について知っておいた方がいいと思うので、ここではその基準について具体的に紹介します。
まず、例えば他にやりたい業務があるのにもかかわらず、1日の業務の中で出荷作業がメインで困っているという企業はサービスの導入を検討した方がいいでしょう。出荷作業は大切ですが、他の作業も追いつかなければ意味がありません。どちらも効率よく進めるためには出荷代行の依頼を検討した方がいいです。
続いて1カ月あたりの出荷件数が200から300件ほどある場合にはサービスの導入を検討した方がいいと言われています。逆にそれ以下の場合は規模によっても異なりますが、自社だけで作業ができるということです。件数が判断基準にもなるので、一度集計してどのくらい出荷作業をしているのかをチェックして決めるといいでしょう。依頼した方がいい基準について紹介しましたが、逆にスタッフに負担がかかっていない場合や、一日に数個程度の出荷作業しかしない場合は、サービスを導入すると逆にコストがかかってしまうことも考えられます。状況に応じて依頼するかどうかを考えてみるといいでしょう。

出荷代行業者選定のポイント


出荷代行を依頼するにあたって、選定の際に重要なポイントがあるので紹介します。まず大切なのが対応できる作業内容と条件を把握しておくことです。依頼したのはいいけど代行してほしい作業は対応外だったとなると意味がありません。対応できる作業内容や条件は実際にそれぞれの業者で異なります。まずは何を頼みたいかを明確にし、その作業を対応してくれる業者かを調べてから依頼をしましょう。
また、システムの使いやすさもチェックしておきましょう。物流業界では様々なシステムが導入されています。例えばネットショップ側が使用している受注や出荷管理システムと発送に関わるシステムが問題なく連携できているかどうかはしっかりとチェックしておかなければなりません。システムが使いづらいと効率よく作業を進めることはできないので事前に調べておきましょう。このように、依頼する業者で変わるポイントはいくつかあるので、慎重に選びましょう。

Webでお問い合わせ
カテゴリー

カテゴリー


EC・通販の在庫管理システムならクラウドWMS「BEELOGI」(ビーロジ)

量販店向け出荷代行 多店舗出荷なら実績が豊富なトミーズへ!

格安!物流向け段ボール発注 段ボール一つでコストを大きくカット!

倉庫見学

通関業者ご紹介

スタッフブログ

ポートフォリオサイト

オリジナルTシャツ作成TOMMY’S

外部リンク

VMD TOTAL SUPPORT OFFICE 深澤企画