TOP

トミーズコーポレーション

アパレルに特化したワンストップ物流サービスに関する知識を掲載

近畿運輸局営業倉庫倉許第1225号/第一種利用運送事業事業近運貨取第362号

0725-20-4080

0725-23-3847

物流コラム

物流コラム

アパレル物流のことなら大阪のトミーズTOP > 物流コラム > アパレル物流会社は倉庫の管理以外のサービスも充実

アパレル物流会社は倉庫の管理以外のサービスも充実

大きく様変わりした物流倉庫の役割


かつて物流の倉庫と言うと商品を保管することを目的としていました。時代は高度経済成長期までさかのぼりますが、当時はたくさん商品を作ってたくさん売ることを目的にしていたため、商品を預けるための倉庫が必要でした。
ところが、時代が移り変わって顧客のニーズに変化が生じます。同時に大量生産の時代は終わりを迎え、物流の倉庫に関する役割も変化が始まります。商品をただ保管する場所が、今では管理することもサービスの一環として利用されるようになっています。
さらに、管理だけではなく、発送の代行まで含まれたサービスを提供している業者もあり、物流倉庫の役割も大きく変化を遂げています。
物流倉庫の役割を細かく説明すると、倉庫として商品を保管するのはもちろんですが、商品の検品をしたり仕分けもしたりしています。また流通の加工や商品の入庫、さらには配送の手続きまでもが物流サービスのひとつとなっています。ネットショップの利用者が年々急増していることに比例して、物流サービス業界もますます進化しています。
今後もネットショップの利用者が増えると言われていますから、商品の生産以外の業務を物流サービスに委託する業者がさらに増えていく傾向となるでしょう。
アパレル業界に特化して考えれば、アパレルに精通した物流であれば専門的な知識も備わっているので、商品管理も徹底されており安心できます。

物流倉庫の利用でどこまでサービスを受けることができるのか


物流倉庫を利用する際、どの範囲までサービス利用が可能なのか気になるところでしょう。一般的に物流倉庫も様々ですがアパレル業界に着目した場合、商品を保管する以外に必要となるサービスをひとつずつチェックしていくといいでしょう。
例えば入庫保管です。扱う商品の内容はもちろんのこと、商品の個数などの点検や確認などの管理が行われます。
アパレル関係の商品は保管状態によって商品が劣化してしまう恐れがあるため、アパレルに特化した物流サービスの利用が推奨されています。例えば商品ごとにハンガーラックで保管したほうがいいものもあれば、段ボールケースで保管するタイプの商品もあります。それぞれの商品が最適な状態で保管、管理されているかどうかを業者を見極める際に確認しましょう。
アパレルと言えば、ネットショップに関する通販の物流サービスも見逃せません。通販で注文を受ける場合、入庫から検品だけでなく商品の在庫管理も必要ですし、商品を梱包したり発送したりする業務も必要になります。この一連の流れが物流の仕事になりますが、商品を生産する業務以外に物流の業務も重なると、人手がいくつあっても足りなくなります。
商品を開発、生産するという本来の業務まで人手不足に陥る可能性があります。新たに人員を増やしたとしても人件費がかさむ一方です。そこでアパレル物流業者が頼りになる存在となります。
通販の物流サービスを一手に引き受けてくれるため、本来の業務に手が回るようになります。アパレル物流業者ならその分野の知識も豊富にありますし、商品の取り扱いもプロフェッショナルなので安心です。

様々なサービスを展開中のアパレル物流業者


今の時代だからこそアパレル物流のニーズが高まっているのではないでしょうか。かつて倉庫として利用していた場所で保管や管理のみならず、様々なサービスを展開しているのがアパレル物流業者です。
例えば商品の撮影を請け負っている業者もあります。アパレル関連の商品を販売する場合、ただ洋服を撮影するよりもモデルが洋服に袖を通したほうが見栄えがよくなります。顧客にしてみれば自分がその商品を身に着けたときのイメージがしやすいというメリットもあるのです。ただし、撮影となればモデルをキャスティングする必要があり、モデルを撮影するカメラマンも必要です。撮影するためのスタジオをレンタルすることになる場合もあります。これらの業務をこなすには人員も必要ですし、その道のプロも必要です。
これら撮影に関する一連の業務を、物流業者が一気に請け負ってくれたとしたらどうでしょうか。本来の業務がおろそかになることなく、さらにプロフェッショナルたちによる撮影が滞りなく進むことで、高画質の画像ができあがります。
さらに、ネットショップを大々的に売り込むためには宣伝が必要です。ネットショップとして運営するならネット上に広告を出すことで利益につなげることができます。そのためにもサイトのデザインにこだわりたいですし、アクセス数を増やすためのSEO対策も必要です。こちらも専門的な知識がなければ難しいものです。
売りたい商品のイメージに合うサイト作りが必要になり、有名な検索エンジンの上位に表示させるためのリスティングも必要です。商品を売るため、PRするためにSEO対策を怠ってしまうと検索エンジンの上位に表示されず、いつまで経ってもアクセス数を伸ばすことができません。これらの業務もすべてできるアパレル物流業者がありますので気になる方は探してみましょう。

Webでお問い合わせ
カテゴリー

カテゴリー


EC・通販の在庫管理システムならクラウドWMS「BEELOGI」(ビーロジ)

量販店向け出荷代行 多店舗出荷なら実績が豊富なトミーズへ!

格安!物流向け段ボール発注 段ボール一つでコストを大きくカット!

倉庫見学

通関業者ご紹介

スタッフブログ

ポートフォリオサイト

オリジナルTシャツ作成TOMMY’S

外部リンク

VMD TOTAL SUPPORT OFFICE 深澤企画