TOP

トミーズコーポレーション

アパレルに特化したワンストップ物流サービスに関する知識を掲載

近畿運輸局営業倉庫倉許第1225号/第一種利用運送事業事業近運貨取第362号

0725-20-4080

0725-23-3847

物流コラム

物流コラム

アパレル物流のことなら大阪のトミーズTOP > 物流コラム > アパレル物流センターを活用してコスト削減に

アパレル物流センターを活用してコスト削減に

アパレル物流センターでコスト削減


アパレル業界には、専門に配送センターがあることをご存知ですか。大手量販店や有名ファッションメーカーなどでは、色々な種類のファッションを多く取り扱っています。その莫大な量となる在庫は、一つの大きな倉庫に集められて一括管理されているのです。店舗の在庫が少なくなれば、自動で連絡が来るシステムがありますので、在庫管理もしっかり行えます。これらが一つの場所で管理されている施設こそ、アパレル物流センターの魅力となります。
比較的、都心部から近いエリアに色々なメーカーと関連しているアパレル物流センターが存在しています。初めて見たという人たちは、あまりにも大きな外観に驚きの声をあげてしまうことでしょう。高速道路や幹線道路へスムーズにアクセスできるようなエリアに存在している倉庫もあります。これが物流センターの概要となります。
日本は寒暖差もある国ですから洋服の種類も一年を通して、目まぐるしく変化します。自宅でもクローゼットの中に季節ごとの洋服をセットして、使わないものはしまうでしょう。これと同じく、販促店でも大量の洋服を管理しなければなりません。その煩わしい在庫管理をスムーズに行うことができるのが、アパレル物流センターの特徴です。コスト削減にも繋がる物流センターについてもっと詳しく見ていきましょう。

コスト削減になるアパレル物流の使い方


アパレル商品を扱うのは意外にも大変です。専門知識を持つ物流の専門スタッフたちが効率よく管理・発送の手配をするのです。ターゲット層に合わせた種類も豊富にありますし、それぞれに何パターンものサイズ展開があります。同じような洋服がズラっと倉庫内に並んでいる訳ですから、出荷時に手配を間違えてしまえば、大問題に発展しかねません。もちろん、スタッフは作業を手分けしていますが、まるで台風が来たかのように目まぐるしく動き回る倉庫内では、一人ひとりのスタッフが気を引き締めて働く必要があります。忙しそうなアパレル物流センターでは、さまざまな業態がサービスを利用しています。小さな店舗でも保管スペースの確保が難しいことから、倉庫がわりに利用していることがあります。別の場所に保管スペースを持つよりも費用が掛からないことでコスト削減につながるでしょう。
小売店や問屋など複数の業態からの出荷依頼にも対応できます。商品は物流センターで保管してその都度、希望する日に配送するなど小売店のニーズにも応えることが可能となります。 また、大型ショッピングセンターやネット通販でシーズン毎に開催されるビッグセールでは、大量の注文がありますので、ピッキング作業員を増員して対応します。作業を一括してアパレル物流センターのスタッフに対応してもらうことで、自社のスタッフを雇用するリスクをおさえることも可能です。品質管理もアパレル物流センターならではの作業といえるでしょう。

アパレル物流は、人件費削減とコスト削減を同時に行える


アパレル物流は、倉庫内ですべての作業を行います。だからこそ品質管理が重要だと言われているのです。高温多湿にならないように温度・空調の調整が必要になってきます。細かいことですが、洋服の縫製など問題が生じれば、専門スタッフが縫製を完璧にしてから保管したり、発送作業に回します。針一本入っていては大変な問題になりますので、検針管理も徹底して行われるのです。
また、アパレル物流センターによっては、倉庫内に撮影スタジオを完備しているところもあります。新作商品の撮影などは、モデルを使って撮影も行うことがあります。しかも、その場で編集作業ができるようになっていますので、無駄な時間がかからなくて済みます。このおかげで、自社で撮影する手間が省けます。これ以外にも、レンタルスタジオを併設している場合もあります。使いたいときに使いたい広さだけ選択して使用できます。すべての撮影レーンが同じフロアにあるところだと、1棟丸々貸してもらうことも可能です。まさに何でもこなせる凄い場所なのです。アパレル業界では、毎日新作の商品が誕生していますので、一刻も早く、撮影してカタログやウェブサイトに掲載することで消費者の心をつかむ必要があります。回転の速いアパレルメーカーならば、旬の流行りものを一早く紹介しますので、販売数も伸びますし、業績アップに繋がる訳です。このような顧客に対して、何をいつ発信すればいいのかなども商品管理と同じように管理することができれば、いつでもニーズに応えられるようになるでしょう。
このように全ての作業を一つの倉庫内で完結することができれば、無駄な配送作業を行う必要もありませんし、管理も一括してできるので最終的にコスト削減につながっているのではないでしょうか。コスト削減につながる倉庫はインターネットなどで探すことができます。電話やファックス・メールなどで問い合わせもできるので、気になる場合は一度問い合わせてみましょう。

Webでお問い合わせ
カテゴリー

カテゴリー


EC・通販の在庫管理システムならクラウドWMS「BEELOGI」(ビーロジ)

量販店向け出荷代行 多店舗出荷なら実績が豊富なトミーズへ!

格安!物流向け段ボール発注 段ボール一つでコストを大きくカット!

倉庫見学

通関業者ご紹介

スタッフブログ

ポートフォリオサイト

オリジナルTシャツ作成TOMMY’S

外部リンク

VMD TOTAL SUPPORT OFFICE 深澤企画