TOP

トミーズコーポレーション

アパレルに特化したワンストップ物流サービスに関する知識を掲載

近畿運輸局営業倉庫倉許第1225号/第一種利用運送事業事業近運貨取第362号

0725-20-4080

0725-23-3847

物流コラム

物流コラム

アパレル物流のことなら大阪のトミーズTOP > 物流コラム > アパレル物流センターの流通形態を知ろう

アパレル物流センターの流通形態を知ろう

アパレル物流の流通形態


物流のプロでも難しいと考える人が多いのが、アパレル物流センターです。日本全国にある大きなショッピングセンター、インターネットで人気のある通販サイト、小売業社などが利用していますので、すべてを管理するのはとても大変です。そのようなアパレル物流については、徹底した管理体制が重要だと考えられているのです。流通形態なども徹底しています。棚卸し作業では、無線ハンディターミナルと呼ばれる携帯型の機械を持ち、商品タグについているバーコードの読み取り作業をして、それが瞬時に管理されます。これで完璧な形で、在庫管理を行うことが可能となります。
洋服は主に、春夏モノから秋冬モノに分けることができますが、季節の商品は数か月前には店頭に並びますので、事前の準備などは効率よく行っていかなければなりません。
物流のプロとして、自信をもっているサービスの中には、物流加工サービスがあります。これは、洋服やその他のアパレル商品に欠かすことのできない品質管理です。これらは、検針・検品作業とも言われていますが、納品されている洋服にすべて不具合がないとは限りません。中には、誰が縫製したのかと言えるような、糸がまつられていなかったり、裾も処理も行っていないようなことがあるのです。海外の縫製工場で作られているものもありますから、品質管理が行き届いていないことも多く見られます。そのような製品をそのまま日本のショッピングセンターに並ばせる訳にはいきません。一つ一つコンベア検針機でチェックをしたり、X線検査で大量検査をしたりするのです。この作業が一番多いのかもしれませんが、店頭に並ばせることができないような商品をお金が取れる品まで戻してあげることができるのも、アパレル物流の成せる技です。

流通形態に特徴があるアパレル物流のいま


アパレル物流の流通形態については、検品作業したものをシワにならないようにハンガー保管するスペースも当然のことながら存在します。また、ハンガーのままトラックに積み込める対応も完璧に行うことが可能なのです。ハンガーと言えば、店舗に欠かすことのできない什器となりますが、保管場所などに困るようであれば、物流センターで預かるサービスも展開しています。また、検品した際にはブランド名などのラベルを付けることや、貼りなおすことなども物流センター内で行えるので、店舗側では特別な作業をすることがありません。人員の無駄な労力を省くことができますのでコスト削減となります。
物流センター内では、ワンフロアがおよそ2から3階分もの高さがあることから、上を見上げればすごい高さのダンボールやコンテナが積み重なっています。このような在庫を一時保管する場所には、セール品や催事用のものまでしっかりと管理されている訳です。必要な時期がくれば、どこの棚に積まれているダンボールが必要かがわかるようになっていますので、何も心配する必要はありません。催事ごとに物流センターから店舗に発送しますが、間違えて納品するということがゼロであることをどのセンターでも念頭において仕事をしているので安心です。

倉庫内はどうなっているの?アパレル物流の流通形態


物流の世界では形態も様々ありますので、どのような業態なのかによって対応もかえる必要がでてきます。アウトソーシングの仕事の効率化を図ること、スピードアップや大きな組織のスリム化などは、徹底することで通信販売などの流通形態にマッチすると言えるのではないでしょうか。流行のモノを扱うアパレル業界ですから、一年を通していつでも顧客の要望に応えなければいけません。サービスが劣ってしまうことで、そのショッピングサイトを利用しなくなってしまう人も多いので気が気ではないでしょう。適切な配送サービスを提供するとともに、品質管理にも力を注がなければ、大切なお客様にソッポを向かれてしまうでしょう。多くの方たちが利用している通販などでは、注文を受けたあとにその商品がお客様の手元に届くまで、安全管理も含めて気を抜いてはいけないことです。
アパレル物流は、ワンストップサービスと言われているのをご存知ですか。在庫管理から、商品の検品、保管、発送までの一連の流れをすべて一つの倉庫内で行うことでこのような呼ばれ方をされているのです。お客様に行き渡る商品ですから、万が一のことがあってはいけませんから一つ屋根の下ですべてを管理することが重要になってきます。このような管理方法であれば、人件費の削減になりますし、無駄な在庫を持つ必要がなくなります。
多くのアパレル物流センターが存在しますが、どこも同じとは限りません。ここで紹介したようなワンストップサービスを徹底している倉庫会社にまずは相談してみてください。一番いい保管サービスを提案してくれるはずです。ホームページを見ると、さまざまなサービスを提示しているので参考にすることができます。

Webでお問い合わせ
カテゴリー

カテゴリー


EC・通販の在庫管理システムならクラウドWMS「BEELOGI」(ビーロジ)

量販店向け出荷代行 多店舗出荷なら実績が豊富なトミーズへ!

格安!物流向け段ボール発注 段ボール一つでコストを大きくカット!

倉庫見学

通関業者ご紹介

スタッフブログ

ポートフォリオサイト

オリジナルTシャツ作成TOMMY’S

外部リンク

VMD TOTAL SUPPORT OFFICE 深澤企画