TOP

トミーズコーポレーション

アパレルに特化したワンストップ物流サービスに関する知識を掲載

近畿運輸局営業倉庫倉許第1225号/第一種利用運送事業事業近運貨取第362号

0725-20-4080

0725-23-3847

物流コラム

物流コラム

アパレル物流のことなら大阪のトミーズTOP > 物流コラム > アパレル商品を適切に保管できる倉庫

アパレル商品を適切に保管できる倉庫

良い状態で商品を保管できる倉庫が必要


アパレル関係の事業を運営する際は、魅力的な商品を開発するだけではなく、商品の保管方法についても十分に検討しておく必要があります。人気のある商品を多数販売できる準備が整っても、きちんと商品の保管ができていないと、顧客が満足できる状態で商品を提供することはできません。仕入れ先から商品が届いたら、検品して適切な方法で保管したり、必要であれば補修したりすることも要求されます。商品にシワがついたり変なクセがあるようでは、取引先から良い評価は得られません。アパレル製品の倉庫を用意する時は、必要とされる機能などを検討することが大切です。
どのような倉庫を用意するか検討する際に、真っ先に考えなくてはならないのが立地と大きさです。本社や店舗の近くに倉庫があれば理想的ですが、少し遠くても交通の便の良い場所であれば迅速な配送ができる場合が多いので問題ないでしょう。都市部に倉庫を持とうとすると賃貸料が高くなり経営を圧迫してしまいます。今は物流網も発達しており、地域によっては翌日配送が可能な場合もありますから、無理して本社や店舗の近くに倉庫を持つ必要はないでしょう。幅広い地域から場所を選べば、大きな倉庫でも比較的安いコストで済ませることが可能です。スペース一杯に商品を詰めた段ボールを入れる会社もありますが、それでは目的の商品を見付けて取り出すのに時間がかかりますし、商品も傷んでしまいます。アパレル関係の商品を保管する場合は、商品によってはハンガーラックを使うこともありますから、余裕のあるスペースを確保しなくてはなりません。

倉庫に必要となる機能を理解する


商品を検品するのであれば、倉庫に検品作業ができるスペースも必要です。縫製不良や汚れがあるなど一定の基準を満たさない商品を顧客に販売してしまうと、会社の信用問題に発展します。商品の数やサイズを確認するだけではく、しっかりと商品に問題がないことを調べなくてはなりません。そのため、商品が保管してあるスペースの片隅に無理に場所を作って検品するのではなく、作業しやすい場所を設けて検品することが大切です。落ち着いて作業できない環境では、早く作業を終わらせたいという気持ちが働いて慎重に検品作業ができない場合があります。十分な作業スペースを用意して、検品作業に集中できる環境を整える必要があります。
もしも、商品に問題があった時は、その場で補修できるような設備や作業場所も必要となります。さらに、商品に針などの異物が混入する可能性がある場合は、検針機やX線検査機などによる検査も導入しなくてはなりません。アパレル関係の商品は、問題があると人の身体に大きな被害を与える可能性もあるので、品質管理を徹底することが重要です。このことに注意していないと、魅力ある商品を販売して注目を集めたものの問題のある商品が出回ってしまいます。商品に問題があるとニュースとなって報道されたりネット上で話題となって、会社の信用が落ちてしまい事業継続が難しい状況に陥ったりすることもあります。アパレル事業と聞くと華やかな商品ばかりに目がいってしまいますが、商品の品質を維持するための倉庫を準備することも忘れてはいけません。

倉庫業務をアウトソーシングできる会社を利用する


アパレル事業を運営するためには、このように十分な機能を持った倉庫を用意しなくてはなりません。もしも、スタッフが不足するようであれば、物流サービスを専門にする会社の利用を検討するべきです。物流サービス専門の会社は倉庫として使うスペースを貸すだけではなく、入庫や検品、梱包、出荷までの一貫したサービスが利用できます。そのほか、商品の加工や補修、検査機器を使った商品のチェックなど、高度なサービスも依頼可能です。専門の物流サービスを使えば、社内で倉庫を用意する必要はなくなり、商品を管理するスタッフも不要となります。商品を管理するための負担が少なくなった分を、商品開発やブランド構築などの業務に注力できますので、特定の業務の専門性を高めることが可能です。
さまざまな業務をアウトソーシングして身軽な状態で事業運営するのが、アパレル業界でも主流となっています。外部の専門サービスを利用することで総合的なコストを抑え、スピーディーな経営ができます。専門的なスキルを持った社員を育てるには時間と費用が掛かりますが、外部専門サービスを利用すれば明日からでも必要な体制を整えることが可能です。事業の状態に応じて利用するサービスの規模を調整することもできるので、社員を雇用する場合よりも自由度の高い経営が実現できます。倉庫に関する業務がうまくいっている場合でも、突然の事業環境の変化に応じた体制が構築できるように、アパレル物流サービスを利用するべきです。今まで以上の成果を迅速に出すためには、外部の専門性の高いサービスを活用することが不可欠です。

Webでお問い合わせ
カテゴリー

カテゴリー


EC・通販の在庫管理システムならクラウドWMS「BEELOGI」(ビーロジ)

量販店向け出荷代行 多店舗出荷なら実績が豊富なトミーズへ!

格安!物流向け段ボール発注 段ボール一つでコストを大きくカット!

倉庫見学

通関業者ご紹介

スタッフブログ

ポートフォリオサイト

オリジナルTシャツ作成TOMMY’S

外部リンク

VMD TOTAL SUPPORT OFFICE 深澤企画