BtoBとBtoCの在庫一元管理ならトミーズ

在庫一元管理ならトミーズ ありとあらゆるシステムに連携可能です。 ECレンタルカート一覧

BtoB・BtoCの在庫一元管理の重要性

EC化率をさらに高めるためにはBtoBとBtoCの在庫一元管理を今すぐに実現する必要があります。

2020年コロナウイルスの影響により、店頭販売が難しくなってきています。そこでEC(ネットショップ)での販売をさらに強化しようとする企業が増えています。近年ではメーカーや卸が小売に参入することも多くなっていますが、複数の販売形態における在庫管理に問題を抱えている企業は少なくありません。
そこでトミーズコーポレーションは在庫の一元管理をご提案いたします。卸と小売の出荷に豊富な実績があるトミーズコーポレーションにお任せください。

BtoB・BtoCの在庫一元管理とは

在庫一元管理のイメージ図

BtoB・BtoCの在庫一元管理とは卸(BtoB)と小売(BtoC)の在庫を一つの在庫データや倉庫で管理することを言います。在庫データや倉庫を一つ持っていれば良いので、複数のリアルショップ(店頭)やECサイトを運営していても、それぞれに在庫を分ける必要がありません。

BtoB・BtoCの在庫一元管理のメリット

機会損失が発生しない

機会損失が発生しない
BtoBとBtoCそれぞれに固有の在庫を持たせていると、どちらか一方で在庫が無くなってしまった際にすでに注文が入っていても出荷できない状態になります。機会損失が生まれるばかりか、不良在庫発生のリスクがあります。

受注・在庫管理が容易になる

受注・在庫管理が容易になる
BtoBやBtoC、複数のネットショプを運営している場合は在庫を一元管理することで管理が容易になります。複数の受注情報を束ねるシステムから倉庫側の一つの実在庫に対して引き当てをかけるため、間違える心配もございません。

無駄な顧客とのやりとりが無くなる

倉庫見学
たとえ受注したとしても在庫切れの場合、顧客にキャンセル通知を行う必要があります。そのような顧客対応は想像以上に時間がかかってしまいます。無駄な顧客とのやりとりを減らし、人員を削減できれば大きなコストダウンにもつながります。

物流拠点集約でコストダウン可能

南大阪
物流拠点を集約することで無駄な横持ち運賃を排除することができるため物流コストを削減できます。また、入出荷指示を統一することにより管理業務を簡略化できるメリットもあります。→詳しくはこちら
拠点集約メリット

物流拠点の集約を詳しく解説しております。併せてご覧ください。

トミーズに在庫一元管理を依頼する3つの理由

複雑なアパレル物流20年の実績

複雑なアパレル物流20年の実績
アパレル物流は難易度が高いとされています。多品種小ロットでSKU数が多く、在庫管理が複雑になります。ノウハウがなければ保管効率が悪化し、コスト高になります。また、誤出荷率が高くなることも難易度が高い理由の一つです。

商品にあった保管方法を提案

商品にあった保管方法を提案
アパレルは春夏では薄手の半袖Tシャツが流通し、秋冬には厚手のダウンやコートが流通します。そのためシーズンによって保管の方法を変える必要がありますが、トミーズコーポレーションでは保管効率を高めるために独自のノウハウがあります。

BtoBとBtoC それぞれに豊富な実績あり

BtoBとBtoC それぞれに豊富な実績あり
BtoBとしては難易度の高い量販店出荷にも豊富な実績があります。量販店に納品するためには厳しい基準を満たさなければなりません。また、BtoCとしても有名ECモールの販売上位店舗の出荷代行の経験があります。

【トミーズの提供サービス】

DC(デリバリーセンター)、通販物流サービス

子供服メーカー様の事例
子供服
出店先 【卸(BtoB)】自社サイト(Bカート)、展示会
【小売(BtoC)】自社サイト(Futureshop2)
商材 衣料品・雑貨など
商品数 約13,000SKU
出庫数 約600,000ピース/年間

弊社のお客様は
販促に集中されています!
拠点集約と在庫の一元管理で
業績もアップ

3年で出荷量3倍

卸と小売の在庫連動システムフロー

在庫連動 国内アパレル小売市場のEC化率グラフ

2020年日本のみならず世界的な脅威となったコロナウイルスは飲食業やサービス業をはじめ、ありとあらゆる業界に多大な影響を与えました。アパレル業界も同じく、やむをえず次々に店頭を営業停止したため、多大な被害を被ることになりました。
そんな中、元よりECに力をいれていた一部の企業ではECからの受注が伸び、多少なりともビジネスを継続するための支えになりました。アフターコロナではウイルスとの共存が囁かれていますが、またいつ第一波のような大きな被害が出るかはわかりません。そうなった際に少しでも経営リスクを下げるためには、企業のEC化率をさらに高めていく必要があります。

日本のEC化率

経済産業省の報告では日本のEC市場は右肩上がりで伸びており、2018年のEC化率は6.22%まで成長しました。しかし何もこの数字が高いわけではありません。世界をみてみると、アメリカのEC化率は約10%、中国では約15%を超えており、日本におけるECの普及は遅れているのが現状です。しかし言い換えると日本のEC市場はまだまだ成長段階と言えます。
コロナウイルスの影響により、これからさらにECの重要性が見直されることは間違いありません。他社に遅れをとらないためにも、ビジネスを継続させるためにも本気のEC改革が必要です。
※参照:経済産業省「平成30年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」

トミーズコーポレーションのサービス

まずは現状の物流内容を
ご相談ください。

物流現場を熟知した営業マンにお任せください。

集約までのスケジュールに関しましても閑散期(1月〜2月、7月〜8月)を変換期に当て込み、移管コストを低減させたご提案をさせて頂きます。

通販物流サービス

通販物流サービス

ネットショップを運営されているお客様にご提供しておりますEC発送代行サービスです。ECに特化した最新の在庫管理システムであるクラウドWMS「BEELOGI(ビーロジ)」を導入していることから、誤出荷を未然に防ぎます。詳しくはこちら

量DC(デリバリーセンター)

DC(デリバリーセンター)

小売店様の場合は自社店舗への振り分け出荷を代行させていただきます。卸業を営んでいる会社様に関しては納品先への出荷を代行させていただきます。特に弊社では量販店様向けの出荷代行に多くの実績がございます。詳しくはこちら

物流加工

物流加工

物流加工の作業現場を見学できます。熟練スタッフが、ネーム付け加工や補修を行っております。普通なら販売できないB品商品を、A品に仕上げるプロの技をご覧ください。詳しくはこちら

撮影代行

レンタルスタジオ

自社に大型の撮影スタジオを完備しております。モデル撮影サービスではモデルはもちろん、ヘアメイクやロケーションまで一貫してご提案いたします。物撮りは白背景の簡易的なものから、お客様のコンセプトに合わせた写真を撮影いたします。詳しくはこちら