TOP

トミーズコーポレーション

アパレルに特化したワンストップ物流サービスに関する知識を掲載

近畿運輸局営業倉庫倉許第1225号/第一種利用運送事業事業近運貨取第362号

0725-20-4080

0725-23-3847

物流コラム

物流コラム

アパレル物流のことなら大阪のトミーズTOP > 物流コラム > 物流業務の効率化を支援してくれるコンサルタントについて

物流業務の効率化を支援してくれるコンサルタントについて

自社の物流業務について悩みを抱えている方へ


物流業務を行なうにあたって、自社の直面している問題を解決する方法が見つからず、お困りの方もおられるのではないでしょうか? そのような場合には、専門のコンサルタントによるサポートを受けることも検討すると良いでしょう。
専門のコンサルティングサービスを受けるにあたっては、利用する業者の選び方もチェックポイントになります。例えば、業界内での豊富な経験を持つプロフェッショナルが、一人ひとりの顧客の抱えている課題を抽出し、それぞれのマーケティング戦略にマッチしたプランを提案してくれるところは、幅広いシーンで活用することができます。
物流業務にかかるコストの負担を軽減し、生産性や精度を向上させるためには、システムの導入や在庫管理、人員配置のオペレーション業務をマニュアル化するのもおすすめの方法です。そのように、一つひとつの企業が直面している問題点を把握し、それぞれに見合った戦略を策定することが大切です。
物流業務を行なう企業によって、抱えている課題には違いがあります。例えば、検品作業にかかる時間や、人員不足、ピッキングミス、誤出荷、顧客からのクレーム、業務システム、倉庫の管理方法などの問題を解決したいと考えている企業担当者も見受けられます。また、倉庫の管理業務や賃料、人件費、梱包資材の無駄を省き、コストを改善したいというケースも存在します。

専門業者によるコンサルティングに関する情報


自社の物流業務が直面している課題を把握し、クリアするためには、専門のコンサルタントに相談することをおすすめします。例えば、どの業務にどれだけのコストがかかっているかよく分からないという場合でも、専門の業者であれば、精度の高い金額を算出してくれます。また、コストがかさんでいる原因を究明したり、コストを削減するための方法を見つけ出したりするのにも、専門のコンサルティングサービスが役立ちます。そのようにして、従来は不明瞭だったものを可視化することで、現状の課題が一目瞭然になり、具体的な経営目標を設定することが可能となります。
また、新たな業務システムを導入するにあたっては、コストパフォーマンスに気を配ることが大切です。具体的には、システムの導入や運用にかかる費用と、導入後に得られる効果を、金額ベースで比較・検討することが大事になります。そのような場面では、当然のことながら、効果が費用を上回るようにプランを作成し、実行に移す必要があります。
そして、商品の在庫を管理するにあたっては、不良在庫をなくし、日常的な業務の効率化を実現したいところです。こうした願いを叶えるためには、新たなシステムの導入も検討すると良いでしょう。例えば、在庫商品を売上高順に並べ替え、効率の良い在庫管理業務を実現するために役立つシステムも存在するので、チェックしてみることをおすすめします。

物流業務の効率化を実現するために


企業が物流業務の問題点を把握し、解決策を見つけ出して実践するためには、専門のコンサルタントによるサポートを受けるのも一つの方法です。例えば、物流業務を行なうにあたっては、作業のミスを減らし、精度を向上させることも大切になります。具体的には、入庫から出庫に至るまで、紙仕様の伝票や指示書による手作業を行なっている状況であれば、新たなシステムを導入して、入出庫管理業務をオートメーション化することも検討すると良いでしょう。
また、それぞれの作業に於いて、生産性を向上させることもポイントになります。こちらの条件では、作業ごとの生産性を数値化し、それぞれのセクションに必要充分な数の人員を配置することで、人件費の無駄を省き、業務を効率化することができます。業務の生産性向上を図るのであれば、システムの導入から現状の可視化、PDCAサイクルの実行までをサポートし、継続的な業務の効率化を実現してくれるコンサルティングサービスが役に立ちます。
また、業務を効率化するためには、倉庫のレイアウトに気を配ることも大切です。具体的には、通路や保管場所、作業場所などの配置や敷地面積に工夫を凝らすことで、動線の短縮や生産性・保管効率の向上を実現することが可能となります。また、バーコードスキャンのシステムを導入することで、作業を自動化するという選択肢もあります。
そして、作業の効率化を実現し、ヒューマンエラーを防止するためには、マニュアルを作成し、現場の作業に反映させるのも一つの方法です。現場で作業を行なうスタッフにとって、規範となるマニュアルがあれば、必要に応じて参照することができ、コストパフォーマンスの改善が期待されます。
その他に、コンサルティングサービスでは、移動ラックやコンベアなどの機器、段ボールやテープなどの梱包資材、下げ札やロックスなどの流通加工資材に関するサポートも受けることが可能です。

Webでお問い合わせ
カテゴリー

カテゴリー


EC・通販の在庫管理システムならクラウドWMS「BEELOGI」(ビーロジ)

量販店向け出荷代行 多店舗出荷なら実績が豊富なトミーズへ!

格安!物流向け段ボール発注 段ボール一つでコストを大きくカット!

倉庫見学

通関業者ご紹介

スタッフブログ

ポートフォリオサイト

オリジナルTシャツ作成TOMMY’S

外部リンク

VMD TOTAL SUPPORT OFFICE 深澤企画