TOP

トミーズコーポレーション

アパレルに特化したワンストップ物流サービスに関する知識を掲載

近畿運輸局営業倉庫倉許第1225号/第一種利用運送事業事業近運貨取第362号

0725-20-4080

0725-23-3847

物流コラム

物流コラム

アパレル物流のことなら大阪のトミーズTOP > 物流コラム > アパレル商品撮影の重要性と業者に依頼するメリット

アパレル商品撮影の重要性と業者に依頼するメリット

アパレルにおける商品撮影の重要性


ホームページに商品の写真を掲載するのは、インターネット上にショーウインドーを設けるようなものです。ファッションECサイトの写真は、店内にディスプレーされた洋服や小物と同じ役割を果たします。特に、実物を目で見て手で触れて確認することのできないECサイトでは、商品の特徴と魅力を伝えるには、写真や動画しか方法がありません。同じ洋服でも、撮影する場所や方法、トリミングなどの加工、掲載方法の工夫などで、まったく違って見えることもあります。特にファッションサイトで写真は、売り上げを左右する要因のひとつです。単に商品が写っていると言うだけでなく、特徴と魅力を十分に伝えることのできる写真を掲載することが重要なポイントになります。
ECサイトには一覧ページと個別の詳細ページが用意されているのが一般的です。アパレルサイトの一覧ページでは、詳細ページへと誘導できるような動きのある写真が求められます。かっこよく、かわいく魅せるために大胆なトリミングを行うこともひとつのテクニックです。
詳細ページの写真には文章だけでは伝わらない視覚的な部分を補完し、購買意欲を後押しする役割があります。ファッションECサイトの場合には、メインとなる全体画像に加え、襟や袖口などのディテール画像、背面や素材感のわかる画像、着用イメージなど数枚の写真が必要です。洋服本来の良さが伝わるクオリティーであれば良く、写真としての美しさが重要なわけではない点は理解しておきましょう。

アパレル商品を撮影する方法と特徴


アパレル商品を撮影する方法は、物撮りと呼ばれる方法とモデル撮影のふたつにわけることができます。物撮りには、置き撮り、ハンガー吊り撮り、トルソー、マネキン撮影などがあります。ファッションECサイトに掲載する写真を撮る場合には、商品の特徴に合った方法を選ぶことが大切です。
置き撮りとは商品を平らに置いて写真を撮る方法で平置きとも呼ばれます。アパレルでもっともよく使われる方法のひとつで、置き方やライティングの工夫でシワをコントロールでき、風合いなど素材感が伝わる写真を撮れることがメリットです。
ハンガー吊り撮りとは、洋服をハンガーに吊るした状態で写真を撮ることで、商品のみを見せたい場合に使われます。置き撮りに向かない、柔らかな素材の洋服に適した方法です。
洋服を立体的に見せたい場合には、トルソーやマネキンが使われます。トルソーとマネキンの違いは腕と脚があるかどうかで、マネキンは全身、トルソーは頭部のない胴体のみが基本で、腕付きのものもありますが、脚はありません。ボトムスやコーディネート提案など、全身が必要な場合にはマネキンがおすすめです。
洋服を実際に人が着ている状態で撮影するモデル撮影は、着用感がイメージしやすく、服そのものの持つイメージに、モデルの表情やポーズが加わることで、より一層魅力的に見せることができます。モデルの効果は高く、ECサイトではモデル着用写真のものから売れて行くと言われるほどです。
着用イメージを伝えるのに優れたモデル撮影ですが、モデル着用写真だけでは、生地の厚みや素材の質感など細かい部分を伝えることは難しい面もあります。ECサイトでは届いた洋服がイメージと違うと言ったクレームも少なくありません。モデル写真を使う場合にも、置き撮り写真を併用するなど誤解を避ける工夫をすることが大切です。

商品の撮影を業者に依頼するメリット


ECサイトやホームページに掲載する商品写真は、自分で撮影することも可能です。ただし、ひとつの商品に対し全身イメージからディテールまで何枚もの写真が必要なことや、上手く撮るためには場所や機材が必要なこと、加工から掲載までのスピードが要求されることなどを考えると、業者に依頼するのを検討する必要があります。何より掲載されている写真が売り上げを左右することを考えると、アパレル商品撮影を得意とする専門業者に依頼するのがおすすめです。その場合には、自分の持っているイメージと、どのように撮ってほしいのかを明確に伝えることが、納得のいく結果を得るための重要なポイントになります。
スタジオでの置き撮りはもちろん、モデルの起用やロケを考えている場合には、専門業者に依頼するのが確実です。アパレル専門業者なら、イメージに合ったモデルのキャスティングからヘアメイクの手配、ロケの提案まですべてに対応できます。独自のネットワークを持っていることも多く、イメージにぴったりのロケ地を提案してもらえるのもメリットです。アパレル商品の撮影になれたカメラマン、モデルなら、同じ料金で多くの写真を撮ることができるので、結果的に費用を抑えることに繋がります。
アパレル商品の撮影料金は、アイテム数やカット数、時間制などさまざまです。置き撮りやハンガー吊り撮りなど方法によって異なる場合もあるので、事前に確認しておくようにしましょう。

Webでお問い合わせ
カテゴリー

カテゴリー


EC・通販の在庫管理システムならクラウドWMS「BEELOGI」(ビーロジ)

量販店向け出荷代行 多店舗出荷なら実績が豊富なトミーズへ!

格安!物流向け段ボール発注 段ボール一つでコストを大きくカット!

倉庫見学

通関業者ご紹介

スタッフブログ

ポートフォリオサイト

オリジナルTシャツ作成TOMMY’S

外部リンク

VMD TOTAL SUPPORT OFFICE 深澤企画