TOP

トミーズコーポレーション

物流現場の問題点と改善策その4〜梱包編〜

近畿運輸局営業倉庫倉許第1225号/第一種利用運送事業事業近運貨取第362号

0725-20-4080

0725-23-3847

スタッフブログ

アパレル物流のことなら大阪のトミーズTOP > ブログトップ > 物流業務について > 物流現場の問題点と改善策その4〜梱包編〜

2016/09/26 カテゴリ:物流業務について

物流現場の問題点と改善策その4〜梱包編〜


今回は前回の(物流現場の問題点と改善策その3〜ピッキング編〜)に引き続き「物流現場の改善」の中から梱包に着目点をおいて考えてみたいと思います。梱包・包装作業には様々な役割があります。まず、通販物流の場合、まず一番初めに消費者が目にするところは梱包です。いくら商品が良くても、梱包の質が低いとイメージダウンにつながってしまいます。また、企業間取引の場合でも、もし万が一、梱包の質が低ければ、最悪納品すらできないケースもございます。本日は梱包の改善に触れてみたいと思います。

1)梱包・包装における問題点
・物流を考慮した荷姿ではない
・包装、梱包に時間がかかる
・包装、梱包材の廃棄が多い

2)解決すべき課題
・荷姿設定時に物流が考慮されていない
・過剰な包装、梱包が行なわれている
・梱包姿の標準化

3)改善内容
・最適な荷姿の研究
・簡素化
・リユース、リサイクル

4)改善対策
・物流の全過程を通じて最適な荷姿の設定
・商品特性に応じた必要最低限の包装、梱包の実施
・再利用可能な包装、梱包材の選択、開発

4)改善効果
・スペース効率向上
・作業時間短縮
・廃棄物削減

いかがでしょうか?作業効率の改善以外にも、梱包資材の見直しで、物流のさらなるコストダウンをはかることが可能です。アパレル物流20年の実績を持つトミーズコーポレーションでは、日々の物流業務を行う上で、大量の梱包資材を仕入れております。そのため、お客様にも低価格でご提供することができます。

もしよろしければ下記ページから一度お問い合わせください。無料見積もり実施中です。
流通加工における格安の段ボールならトミーズ

Webでお問い合わせ

カテゴリー


量販店向け出荷代行 多店舗出荷なら実績が豊富なトミーズへ!

格安!物流向け段ボール発注 段ボール一つでコストを大きくカット!

倉庫見学

通関業者ご紹介

スタッフブログ

オリジナルTシャツ作成TOMMY’S

ポートフォリオサイト

外部リンク

Hawaii Waikiki Surf Shop & Blog KAION

VMD TOTAL SUPPORT OFFICE 深澤企画